ターコイズ

ターコイズ
【和名・トルコ石|英語・Turquoise|主要産地・中国/アリゾナ/メキシコ/イラン等】

12月の誕生石としても有名なターコイズ、銅がより多く含まれるものは青に、鉄が多いものは緑色に近づきます。色の好みや評価は国や産出地域で違いがあります。 変色防止と硬度の強化から樹脂浸透(スタビライズド)されるのが通常です。12月の誕生石です。当店ではビーズ、カボション(ルース)、ペンダントトップ、ブレスレット等を取り扱っております。

ターコイズとは

ターコイズの解説

ターコイズは、科学的には「水酸化銅アルミニウム燐酸塩」であり、不透明で緑色〜青色の色味を帯びた石です。古来より世界中で宝飾品として珍重されてきました。ここでは、ターコイズの特徴について紹介していきます。

  • ターコイズは12月の誕生石


    ターコイズは、ラピスラズリやタンザナイトと共に12月の誕生石になっている石です。海や空を連想させる鮮やかなブルーから青緑色の輝きを持つ石は、ネックレス・指輪・ピアス・イヤリングなどさまざまなアクセサリーに使われます。
  • ターコイズは含有する銅や鉄の量によって色味が変わる


    ターコイズは、既存の鉱物が水や空気と反応して誕生する二次鉱物の一種です。
    主に銅やアルミニウムを含むリン酸塩の岩石に水が作用した際に誕生し、乾燥地帯に多く鉱床ができます。銅やアルミニウムの純度が高いほど青色が鮮やかになり、鉄を含むと緑色に近くなります。褐色や黒の筋目が入っていることもありますが、これは褐鉄鉱や黒い酸化マンガンです。宝石としての価値は青色のものが高い傾向がありますが、国によっては緑色のターコイズが珍重されています。なお、筋目の入り方によっても価値がかわり、蜘蛛の巣のように細かい模様が入っているスパイダーズウェアは高級品の証しとして高値で取り引きされています。

    ターコイズのモース硬度は5〜5.5と低めです。ナイフでひっかけば傷つく程度であり、しかも原石はチョークのようにボロボロと崩れやすく吸水性もあります。そのうえ、酸化によって青から緑色に変色してしまうため、そのままでは宝飾品として適しません。そのため、流通しているターコイズのほとんどに、樹脂浸透(スタビライズド)という処置で変色防止と強度の硬化を高めています。宝石・天然石として流通しているターコイズは衝撃にも環境の変化にも一定の耐性がありますが、経年によって樹脂浸透の効果が薄れてしまうと一気に脆くなってしまう可能性もあります。

ターコイズ 鉱物データ

項目
和名 トルコ石 とるこいし
モース硬度 5-6
結晶 三斜晶系
成分 Cu2+Al6(OH)2|PO4]4・4H2O
比重 2.4-2.8
空色 青 青緑 黄緑等
一般的なトリートメント等 無色樹脂含侵処理(スタビライズド)

ターコイズの歴史

ターコイズの歴史

ターコイズは、人類が採掘をはじめた最も古い宝石の一種であり、世界中で宝飾品として用いられてきました。
なお、ターコイズの別名を「トルコ石」と言いますが、これはフランス語の「pierre turquoise(トルコの石)」に由来します。これは、ヨーロッパにターコイズが広まったのは十字軍の遠征がきっかけであったことに由来しています。十字軍が遠征したイラン周辺はトルコ系王朝があり、ターコイズの産地だったためです。
ここでは、このようなターコイズの歴史を簡単に解説します。


  • ターコイズは紀元前6000年頃より採掘されてきた


    前述したようにターコイズは、人類が最も古くから採掘してきた石の1つです。
    紀元前の産出地域はイランのホラーサーン地域や、シナイ半島、中国でした。また、アメリカ大陸でもアリゾナ州・カリフォルニア州・コロラド州・ニューメキシコ州などで古くから採掘が行われています。
    なお、ターコイズがトルコ石と呼ばれるようになった由来は、ホラーサーン地域にトルコ系の王朝があったためという説のほか、アトラス山脈付近で取れたターコイズの原石がトルコ人の商人経由でヨーロッパ人の手に渡ったためという説もあります。現在、トルコではターコイズは産出されていません。
  • ターコイズは多くの王朝で珍重された


    ターコイズは、古代エジプト・アステカ・ペルシア・メソポタミア・インダス・中国など多くの地域で宝飾品として珍重されてきました。これらの地域は古代より幾多の王朝が存在していましたが、ターコイズは王宮や宗教施設、さらに王族を飾る宝飾品として使われてきたのです。特に、アステカのターコイズで装飾された仮面やレリーフは有名です。また、イスラム諸国では、ムスクの外壁や内部を飾るために用いられました。ヨーロッパでは長い間男性のお守りとして取り引きされてきた記録が残っています。

    このように多くの地域で珍重されてきたターコイズは、模造品も古くから作られています。古代エジプトでは、ガラス・エナメル・ファイアンス焼きの陶磁器などを用いてターコイズの模造品を作っていたことが確認されています。
  • ターコイズはネイティブアメリカンジュエリーには欠かせない石


    ターコイズはアメリカ大陸でも産出されるため、先住民族であるネイティブアメリカンが宝飾品として用いてきた歴史があります。今でも、ターコイズとシルバーを使ったネイティブアメリカンジュエリーは世界中で高い人気があります。
    また、ネイティブアメリカンジュエリーは現在、ナバホ族などいくつかの種族の貴重な収入源にもなっています。

ターコイズの産地・種類

現在、ターコイズは産地や種類によってさまざまなランクが付けられています。ここでは、ターコイズの産地と種類について解説していきます。

  • スリーピングビューティー ターコイズ

    スリーピングビューティ ターコイズ

    現在、最も価値の高いターコイズと言われているのが、アメリカのアリゾナ州グローブにあるスリーピングビューティー鉱山で産出されていたターコイズです。
    高山の名前がそのままターコイズの名前となっています。スリーピングビューティーはほとんど鉄を含まないため、混じりけのないスカイブルーをしているのが特徴です。
    2012年に鉱山が閉山されたので、もはや新しい石の産出はありません。そのため、これからも値上がりが予想されます。なお、現在「宝石」として取り引きされるターコイズはほとんどがスリーピングビューティーです。

  • キングマンターコイズ

    キングマン ターコイズ

    キングマンターコイズは、アメリカのアリゾナ州、キングマン鉱山から産出されるターコイズです。
    現在も盛んに採掘が行われており、アメリカンターコイズといえば、このキングマンターコイズを指します。青色〜緑色とさまざまな色合いがあり、鉄由来の黒い模様が入っています。スパイダーウェブと呼ばれるクモの糸のような細い模様が均一に入っているものは、特に高値で取り引きされます。また、現在ネイティブアメリカンジュエリーに用いられるターコイズもキングマンターコイズが主流です。

  • ペルシアンターコイズ

    ペルシアンターコイズ

    ペルシアンターコイズは現在の「イラン」で産出されるターコイズです。「トルコ石」の語源ともなりました。2000年以上の歴史ある石ですが、現在は鉱脈の多くが枯渇しており産出量は少なくなっています。鮮やかな青色が特徴で、母岩を含んでいる物が多く麩(ふ)が点在しているのが特徴です。

  • 湖北省ターコイズ(チベットターコイズ)

    湖北省 ターコイズ

    チベットターコイズは中国湖北省で産出されるターコイズです。中国は良質なターコイズを産出する一大地域です。スパイダーズウェブが入っている製品も多く独特の美しさがあります。

  • ターコイズの代用品として使われる石

    マグネサイトターコイズ

    マグネサイトターコイズのスライスタンブル


    古くから多くの国々で珍重されてきたターコイズは、需要に対して供給が少なく高値で取り引きされてきました。そのため、前述したように多くの模造品が生まれたのです。現在でも、以下の2点のようにターコイズではないけれど、ターコイズの名を冠した天然石が販売されています。

    ・マグネサイトターコイズ
    ・アフリカンターコイズ

    マグネサイトターコイズは、マグネサイトを染色してターコイズのように見せかけている石です。ターコイズそっくりでしかも安価ですので、カジュアルジュエリーに多く使われています。スリーピングビューティーによく似た色合いもあるので、一定の需要があります。
    アフリカンターコイズは、クリソコラを主成分とした混合結晶石です。緑色と黒色が混じり合った独特の色合いが美しく、こちらもアクセサリーなどに多く使われています。

ターコイズのお手入れ方法

ここでは、ターコイズのお手入れ方法を解説します。宝石・天然石として流通しているターコイズのほとんどが、樹脂でコーティングされているために衝撃や環境の変化に強くなっています。しかし、ターコイズが脆い石であることには変わりありません。汗や皮脂などに弱いので、こまめにお手入れしましょう。

  • 中性洗剤をとかしたぬるま湯で洗う


    ターコイズは乾いた柔らかい布で皮脂や汗を拭き取ってしまいましょう。経年で汚れた場合は中性洗剤をとかしたぬるま湯で丁寧に洗ってください。洗剤は丁寧に落とし、最後は水分をしっかりと拭き取ってください。

  • ターコイズに超音波洗浄機などは使わない


    ターコイズは脆い石なので超音波洗浄機などを用いると樹脂のコーティングに関係なくいたんでしまうことがあります。特に、経年したターコイズは破損の原因にもなるので気をつけましょう。落ちない汚れは前述したように中性洗剤をとかした水で優しくこすり洗いします。

  • ナチュラルターコイズは取扱注意


    ナチュラルターコイズは樹脂によるコーティングを行っておらず、研磨しただけのターコイズです。「ナチュラルターコイズ」は「より自然に近い」として珍重される傾向もあります。また、60年代、70年代のターコイズの宝飾品は樹脂浸透(スタビライズド)をしていない製品も多いので、アンティークとしてターコイズのアクセサリーを購入した場合は以下のような注意が必要です。

    ・酸化による色の変化
    ・衝撃による破損
    ・汗・紫外線による変色

    ナチュラルターコイズは、樹脂浸透(スタビライズド)されたターコイズの数倍は繊細な物と考え、強い日差しの下には持ち歩かず、保管は宝石箱などにしておきましょう。また、使った後は必ず水分を拭き取って単独でしまってください。石同士をぶつけ合っても破損することがあります。
並び順を変更 - おすすめ順 - 価格の安い順 -
天然石・パワーストーン通販 ショッピングガイド
天然石とは・パワーストーン 一覧
絞り込み条件を選んでください (複数可)   ※クリックで選択・解除が出来ます。
絞り込み条件をお選びください。
シルバーや14kgfなど金属パーツの素材からの絞り込みです。
ピアスフックやチェーンなどパーツ名称からの絞り込みです。
オペロンゴムやロンデル・革紐など副資材の絞り込みです。
  • パーツ素材
  • パーツ名
  • 副資材
  • 石の種類
  • 石の形・特徴
  • カラー
  • ラウンドサイズ
検索結果 0

天然石卸 ビーズ販売 KenKengems.com ケンケンジェムズドットコム