ブルーレースアゲート

ブルーレースアゲートについて

【和名・空色縞瑪瑙(そらいろしまめのう)|英語・Blue lace agate|産地・ナミビア、南アフリカ】

ブルーレースアゲートは青い瑪瑙と白い石英が縞模様を作り出す鉱物です。優しい色合いで女性向けの制作に人気の天然石です。当店ではビーズ、カボション(ルース)、ペンダントトップ、ブレスレット等を販売しております。


    ブルーレースアゲートの特徴

    ”ブルーレースアゲートの通販、パワーストーンの仕入れ用卸問屋"
  • ブルーレースアゲートとは


    ブルーレースアゲートとは、アゲート(瑪瑙)の中でも水色と白の縞模様を持つものを指します。水色と白の縞模様が繊細なレースのように見えるため、ブルーレースアゲートという名前が付けられました。

    アゲートの名前の由来は、ギリシャ語の「achates」という単語からです。これは、イタリアにあるシチリア島のアカーテ川(Acate)でこの天然石が産出していたことからきています。和名である「空色縞瑪瑙(そらいろしまめのう)」の「瑪瑙」という言葉は、断面が馬の脳に似ていることから「馬脳」が転じてできた言葉です。
  • アゲートはクォーツの仲間


    アゲートはカルセドニー(玉髄)とともに、クォーツ(石英)のグループの一種です。そのため、成分上はクォーツと同じSiO2(シリカ)です。クォーツの非常に細かい結晶が網目状に集まり、沈殿したものが緻密に固まった鉱物がカルセドニーです。その中でも、沈殿する過程で鮮やかな縞模様ができたもののみをアゲートと呼びます。
  • アゲートの産状


    アゲートは、主に火成岩や堆積岩の、空洞や割れ目にその成分が沈殿してできます。まれに鉱物の結晶が群生するところに珪酸溶液が流れ込み、アゲートを作ることもあります。中心部に隙間を残して育つことも多く、その隙間にクォーツの結晶ができたり、液体が残っていたりすることもあります。前者はクォーツと縞模様がよく見えるように切断されたものが、置物として流通することが多いです。後者は「水入りアゲート」として流通します。
  • ブルーレースアゲート 鉱物データ

項目
和名 空色縞瑪瑙 そらいろしまめのう
モース硬度 6.5〜7
結晶 三方晶系 微晶質
成分 SiO2
比重 2.58
水色
一般的なトリートメント等 一部、加熱処理

    ブルーレースアゲートの歴史と産地

    ブルーレースアゲートの価格と販売、ブルーレースアゲートの産地
  • アゲートの歴史


    アゲートと人間との歴史は古く、古代にはその硬さや破片の鋭さを利用して、石器の材料に使われていました。また、時代が下るにつれ、不思議な力を持つ石としても知られるようになりました。たとえば、古代チベットでは「神の石」として崇められ、危険から身を守るお守りとして珍重されてきました。

    11世紀に活躍したフランスの司教マルボドゥスは、アゲートを身につけると人当たりがよくなり、説得力のある言葉を使えるようになり、神の加護も受けられるようになると主張しました。

    また、19世紀の半ば頃には、アゲートは護符としての人気がとても高まりました。ドイツのイーダー・オーバーシュタインでは大規模なアゲート加工施設が稼働しており、特に縞模様が目のように見えるように加工された護符が人気を博しました。

    日本でも、古墳時代後期には、中国向けにアゲートを輸出していたという記録が残っています。また、古来より七宝の一つとしてアゲートが挙げられるなど、国外への輸出のみならず日本国内でも大切に使われてきた石なのです。
  • ブルーレースアゲートの産地


    アゲートを構成するSiO2は、地殻を構成する物質の実に70%以上を占めています。そのため、アゲートは世界中で産出します。中でも、上質なブルーレースアゲートが産出することで有名なのはナミビアや南アフリカです。当店でも、ナミビア産や南アフリカ産のものを中心に、上質なブルーレースアゲートを取り扱っています。

    ブルーレースアゲートの価値

    ブルーレースアゲートのビーズとネックレス、天然石の卸売
  • ブルーレースアゲートは、水色と白の縞模様がはっきりと見え、クラックやインクルージョンが少ないものが高い価値を持つとされています。産出量は年々減っており、今後ますます希少性が高まっていくと思われる天然石です。柔らかく優しげな色合いから、女性向けの天然石アクセサリーに人気の石です。当店でもレースを閉じ込めたような優しい縞模様のブルーレースアゲートを数多く取り扱っております。

    ブルーレースアゲートのお手入れ

    ”ブルーレースアゲートのオーバルカットとペンダント、天然石の通販”
  • 傷がつかないよう、取扱いに注意


    ブルーレースアゲートは傷つきにくさを示すモース硬度が6.5から7と、丈夫な石です。しかしながら、より硬度の高いトパーズやルビー、サファイアなどと一緒にすると、ブルーレースアゲートに傷がついてしまう可能性があります。ブルーレースアゲートを保管する時は、他の石とぶつからないよう、仕切りのある箱や小袋に入れるなどして、個別に保管すると安全です。
  • 普段のお手入れは空拭きで


    ブルーレースアゲートは汗などで劣化しにくい石ですので、普段のお手入れは空拭きで結構です。ブルーレースアゲートのアクセサリーを身につけた後は、乾いた柔らかい布で空拭きをすると、ブルーレースアゲートの美しさを長い間保つことができます。
  • 汚れが気になる場合は、中性洗剤をたらした水で洗う


    ブルーレースアゲートは水に強い特徴があるので、水洗いが可能です。皮脂汚れなどが気になる際は、中性洗剤を垂らしたぬるま湯でもみ洗いをします。汚れが落ちたら、洗剤が残らないように水でしっかりとすすぎます。すすいだ後は、乾いた布で水気をよく拭き取ってください。
  • 直射日光には当てない


    ブルーレースアゲートは長時間、直射日光に当てると退色してしまう恐れがあります。そのため、直射日光が当たらない場所で保管をしてください。保管する際は、蓋つきの容器に入れておくとよいでしょう。

ブルーレースアゲートの販売商品

並び順を変更 - おすすめ順 - 価格の安い順 -
1-58 / 58
1-58 / 58
  • no-prev
  • 1
  • no-next