クォーツ 
ミルキークォーツ

ミルキークォーツ・ミルキークリスタルについて

【和名・ 乳白水晶(にゅうはくすいしょう)|英語・Milky quartz|産地・ブラジル】

ミルキークォーツは白い半透明の水晶です。積もった雪を連想させることから「スノークォーツ」、氷のイメージから「アイスクォーツ」など様々な別名を持つ天然石です。当店の品物はブラジル産の高品質原石を使用しています。当店ではビーズを中心に、カボション(ルース)も販売しております。

    ミルキークォーツの特徴

    ”ミルキークォーツのビーズ"
  • ミルキークォーツとは


    ミルキークォーツとは、透明感のある、優しい乳白色に染まったクォーツです。ミルクを混ぜこんだような乳白色に色づく原因は、アルミニウムなどの元素です。

    柔らかな乳白色が、しんしんと降り積もる雪を連想させることから「スノークォーツ」、また氷のようにも見えることから「アイスクォーツ」と呼ばれることもあります。他にも、絹のような、なめらかな白さから「シルキークォーツ」と呼ばれたり、乳白色がムーンストーンを連想させることから「ムーンクォーツ」と呼ばれたりすることもあります。

    このように、ミルキークォーツの乳白色は、人々にさまざまな姿を思い起こさせてきました。
  • クォーツの産状


    クォーツは地殻を構成する非常に一般的な造岩鉱物で、フェルスパー(長石、ちょうせき)に次いでもっともよく見られるものです。火成岩・変成岩・堆積岩のいずれにもしばしば含まれます。クォーツは二酸化ケイ素が火山噴火した際に出たマグマの熱に溶かされ、それを含んだ水が冷やされて結晶化して作られます。

    結晶が形成される際に不純物を含むことで、紫や褐色、ピンクなど、さまざまな色に染まります。
    代表的なものとしては、
    ・鉄:紫(アメジスト)、黄(シトリン)
    ・アルミニウム:ブラウン(スモーキークォーツ)
    ・チタン、マンガン:ピンク(ローズクォーツ)
    が挙げられます。
  • ジラソルクォーツ


    マダガスカル島で産出するミルキークォーツの中には「ジラソルクォーツ」と呼ばれるものがあります。内部に含まれる酸化アルミニウムなどがコロイド状になり、それが光を反射することで生まれる「オパレッセンス(蛋白光)」という、トロリとした輝きが特徴です。

    「ジラソル」とはオパールの一種を示す言葉です。和名を「蛋白石」と呼ばれ、乳白色を帯びることの多いオパールと、オパレッセンスの柔らかな乳白色の光が似ているためにこの名が付けられたと思われます。
  • ミルキークォーツに現れるさまざまな効果


    ミルキークォーツは、さまざまな光の効果が生まれることがある天然石でもあります。

    たとえば、ルチルなどの繊維状のインクルージョンが入り込むことがあります。インクルージョンが規則正しく並ぶと、光を当てた時に一筋の線が浮かび上がります。これを猫の目に見立てて「キャッツアイ効果」や「シャトヤンシー効果」と呼びます。

    また、繊維状のインクルージョンが3方向に並ぶこともあります。これに光を当てると、3本の光が中心で交わった結果、星のような六条の光が浮かび上がります。これを「スター効果」と呼びます。
  • ミルキークォーツ 鉱物データ

項目
和名 石英 せきえい
モース硬度 7
結晶 三方晶系
成分 SiO2
比重 2.7
乳白色
一般的なトリートメント等 なし

    ミルキークォーツの産地

    ミルキークォーツの産地のイメージ
  • 高品質のミルキークォーツが産出することで有名なのはブラジルです。他にはマダガスカル島やアメリカなどでも産出します。当店では、ブラジル産のミルキークォーツを中心に取り扱っています。

    ミルキークォーツの価値

    ミルキークォーツのビーズ
  • ミルキークォーツは乳白色がはっきりと現れ、クラックやインクルージョンが少ないものが価値があるとされています。当店では美しい乳白色を持つ、高品質のミルキークォーツを数多く取り揃えております。

    ミルキークォーツのお手入れ

    ”ミルキークォーツのビーズ"
  • 傷がつかないよう、取扱いに注意


    ミルキークォーツは傷つきにくさを示すモース硬度が7と、丈夫な石です。しかしながら、より硬度の高いトパーズやルビー、サファイアなどと一緒にすると、表面に傷がついてしまう場合があります。ミルキークォーツを保管する時は、他の石とぶつからないよう、仕切りのある箱や小袋に入れるなどして、個別に保管すると安全です。
  • 普段のお手入れは空拭きで


    ミルキークォーツは汗などで劣化しにくい石ですので、普段のお手入れは空拭きで結構です。ミルキークォーツのアクセサリーを身につけた後は、乾いた布で空拭きをすると、ミルキークォーツの美しさを長い間保つことができます。
  • 汚れが気になる場合は、中性洗剤やアルコールティッシュで洗う


    ミルキークォーツは水に強い特徴があるので、水洗いが可能です。基本的には真水でもじゅうぶんに汚れが落ちますが、皮脂汚れなどが気になる際は、中性洗剤を垂らしたぬるま湯でもみ洗いをします。汚れが落ちたら、洗剤が残らないように水でしっかりとすすぎます。すすいだ後は、乾いた布で水気をよく拭き取ります。また、アルコールティッシュで軽く拭くことでも汚れを落とすことができます。
  • 直射日光には当てない


    ミルキークォーツは長時間直射日光に当てると劣化してしまう恐れがあります。そのため、直射日光が当たらない場所で保管をしてください。保管する際は、蓋つきの容器に入れておくとよいでしょう。

クォーツ 
ミルキークォーツの販売商品

並び順を変更 - おすすめ順 - 価格の安い順 -
1-41 / 41
1-41 / 41
  • no-prev
  • 1
  • no-next