ムーアカイト
(モーカイト)

ムーアカイトについて

【和名・碧玉(へきぎょく)|英語・Mookaite|産地・アフリカ/オーストラリア】

ムーアカイトはカラーバリエーション豊かな天然石です。ジャスパーの一種で、別名としてはムーカイトモッカイトモーカイトといった呼び名があります。当店ではビーズ、カボション(ルース)等を販売しております。


    ムーアカイトの特徴

    ”ムーアカイトの通販、パワーストーンの仕入れ用卸問屋"
  • ムーアカイトとは


    ムーアカイトとはジャスパー(碧玉)の一種で、さまざまな鉱物が入り混じったアースカラーのものを指します。名前の由来は、主要産地であるオーストラリアのムーカ地区です。「ムーカイト」「モッカイト」「モーカイト」とも呼ばれます。
  • ムーアカイトはクォーツの仲間


    ムーアカイトはカルセドニー(玉髄、ぎょくずい)とともに、クォーツ(石英、せきえい)のグループの一種です。そのため、成分上はクォーツと同じSiO2(シリカ)です。いずれもクォーツの非常に細かい結晶が網目状に集まり、沈殿したものが緻密に固まってできています。カルセドニーが透明感を持つことに対し、ムーアカイトは不透明であることが特徴です。
  • ムーアカイトの産状


    ムーアカイトは「チャート(角岩)」という岩石に成因が近い天然石です。チャートもムーアカイト同様、微細なクォーツからなる岩石です。ムーアカイトは火山岩や変成岩、堆積岩の中に形成されます。熱水中に含まれていた粘土鉱物が堆積して固まったり、堆積物の中にケイ酸が侵入して固まったりしてできます。そのため、ムーアカイトはさまざまな鉱物が入り混じった独特の姿をしているのです。
  • ムーアカイト 鉱物データ

項目
和名 碧玉 へきぎょく
モース硬度 7
結晶 六方晶系(潜晶質)
成分 SiO2+不純物
比重 2.91
白、黄、褐色
一般的なトリートメント等 なし

    ムーアカイトの歴史と産地


    ムーアカイトの価格と販売、ムーアカイトの歴史
  • ムーアカイトの歴史


    ムーアカイトは、産地であるオーストラリアに住む「アボリジニ」という先住民族に古くから関わってきた天然石です。アボリジニはオパールやクォーツなどの天然石を霊石として珍重してきましたが、ムーアカイトもその一つで「雨を呼ぶ石」や「大地の石」という名で親しまれてきました。

    ムーアカイトの名前の由来である「ムーカ」は、アボリジニの言葉で「流れる水」を意味しています。ムーアカイトはその名の通り、水の流れを教えてくれる石とされており、地下水脈を探り当てるための石としても用いられたといわれています。
  • ムーアカイトの産地


    天然石アクセサリーに使われるような、上質なムーアカイトの産地として有名なのはアフリカとオーストラリアです。特にオーストラリアのムーカ地区はムーアカイトの一大産地として有名です。当店でもアフリカ産、オーストラリア産のムーアカイトを中心に取り扱っています。

    ムーアカイトの価値

    ムーアカイトのビーズとネックレス、天然石の卸売
  • ムーアカイトは、さまざまな鉱物が入り混じってできた独特の模様がはっきりと現れ、クラックの少ないものが高い価値を持つとされています。天然石の中では比較的手に入りやすい価格帯であり、丈夫で取り扱いがしやすいことが魅力です。

    主張しすぎない落ち着いたアースカラーは、落ち着いた雰囲気のファッションに合わせるとお互いを引き立て合います。当店でも、大人っぽいコーディネートにぴったりの優しい風合いのムーアカイトを数多く取り揃えております。

    ムーアカイトのお手入れ

    ”ムーアカイトのオーバルカットとペンダント、天然石の通販”
  • 傷がつかないよう、取扱いに注意


    ムーアカイトは傷つきにくさを示すモース硬度が7と、丈夫な石です。しかしながら、より硬度の高いトパーズやルビー、サファイアなどと一緒にすると、ムーアカイトに傷がついてしまう可能性があります。ムーアカイトを保管する時は、他の石とぶつからないよう、仕切りのある箱や小袋に入れるなどして、個別に保管すると安全です。
  • 普段のお手入れは空拭きで


    ムーアカイトは劣化しにくい石ですので、普段のお手入れは空拭きで結構です。ムーアカイトのアクセサリーを身につけた後は、乾いた柔らかい布で空拭きをすると、ムーアカイトの美しさを長い間保つことができます。
  • 汚れが気になる場合は、中性洗剤やアルコールティッシュで洗う


    ムーアカイトは水に強い特徴があるので、水洗いが可能です。皮脂汚れなどが気になる際は、中性洗剤を垂らしたぬるま湯でもみ洗いをします。汚れが落ちたら、洗剤が残らないように水でしっかりとすすぎます。すすいだ後は、乾いた布で水気をよく拭き取ります。また、アルコールティッシュで軽く拭くことでも汚れを落とすことができます。
  • 直射日光には当てない


    ムーアカイトは長時間、直射日光に当てると劣化してしまう恐れがあります。そのため、直射日光が当たらない場所で保管をしてください。保管する際は、蓋つきの容器に入れておくとよいでしょう。

ムーアカイト
(モーカイト)の販売商品

並び順を変更 - おすすめ順 - 価格の安い順 -
1-47 / 47
1-47 / 47
  • no-prev
  • 1
  • no-next