グラフィックグラナイト

フェルスパス(グラフィックグラナイト)について

【和名−|英語・Graphic Granite】

グラフィックグラナイトとはスモーキークォーツとフェルスパーの混ざり合った天然石です。ベージュとブラックのコントラストが美しい一品です。当店ではビーズを中心に販売しております。

    グラフィックグラナイトの特徴

    ”グラフィックグラナイトのビーズ"
  • グラフィックグラナイトとは


    グラフィックグラナイトとは、フェルスパー(長石、ちょうせき)とスモーキークォーツ(煙水晶、けむりすいしょう)が混ざり合ってできた天然石です。「文象花崗岩(もんしょうかこうがん)」と呼ばれる場合もありますが、グラフィックグラナイトの名前の方が一般的です。
  • グラフィックグラナイトの名前の由来


    「グラナイト」とは花崗岩(かこうがん)を指す言葉です。グラナイトはクォーツとフェルスパーからなる岩石なので、グラフィックグラナイトは花崗岩の一種といえます。

    花崗岩は火成岩(マグマが冷えて固まった岩石)の一種です。特にマグマが地下深くゆっくりと冷えて固まったため、フェルスパーやクォーツなどが大きく成長して、独特のツヤと輝きが生まれるのです。

    花崗岩は、模様の美しさから石材として使われることも多い石です。石材としては、兵庫県神戸市の御影という場所の名前にちなんで「御影石(みかげいし)」と呼ばれます。
  • グラフィックグラナイト 鉱物データ

項目
和名 石英 せきえい/長石 ちょうせき
モース硬度 7/6〜6.5
結晶 三方晶系/三斜晶系
成分 SiO2/(Na,Ca)Al12Si32O8
比重 2.7/2.72
褐色/ベージュ
一般的なトリートメント等 なし

    グラフィックグラナイトの産状

    グラフィックグラナイトのビーズ
  • グラフィックグラナイトはフェルスパーとスモーキークォーツ、2つの鉱物から構成されている天然石です。ここでは、それぞれの鉱物の産状をご説明いたします。
  • フェルスパーの産状


    フェルスパーは地殻を構成する非常に一般的な造岩鉱物で、地殻の中にもっとも多く見られるものです。地殻の60%はフェルスパーで構成されているといわれています。特にグラナイトには約60%、バサルト(玄武岩、げんぶがん)に約50%も含まれます。それ以外にも、フェルスパーはほとんどの岩石に含まれているのです。

    フェルスパーはオーソクレース(正長石、せいちょうせき)、アルバイト(曹長石、そうちょうせき)、アノーサイト(灰長石、かいちょうせき)が混ざり合ってできており、これらがどのように混ざり合っているかで呼び名が変わります。
  • スモーキークォーツの産状


    クォーツはフェルスパーに次いで、造岩鉱物として非常によく見られる鉱物です。火成岩・変成岩・堆積岩のいずれにもしばしば含まれます。

    クォーツは二酸化ケイ素が火山噴火した際に出たマグマの熱に溶かされ、それを含んだ水が冷やされて結晶化して作られますが、その際、ケイ素の一部がアルミニウムに置き換わります。そこへジルコンなどの放射線を出す鉱物が作用し、褐色のスモーキークォーツになるのです。

    グラフィックグラナイトの価値

    グラフィックグラナイトのビーズ
  • グラフィックグラナイトは、ベージュとブラックがはっきりとしたコントラストを描いており、マーブル模様が美しいものが高い価値を持つとされています。当店ではコントラストの美しい、上質なグラフィックグラナイトを数多く取り揃えています。

    グラフィックグラナイトのお手入れ

    ”グラフィックグラナイトのルース"
  • 傷がつかないよう、取扱いに注意


    グラフィックグラナイトは傷つきにくさを示すモース硬度が6から7と、丈夫な石です。しかしながら、より硬度の高いトパーズやルビー、サファイアなどと一緒にすると、表面に傷がついてしまう場合があります。グラフィックグラナイトを保管する時は、他の石とぶつからないよう、仕切りのある箱や小袋に入れるなどして、個別に保管すると安全です。
  • 普段のお手入れは空拭きで


    グラフィックグラナイトは汗などで劣化しにくい石ですので、普段のお手入れは空拭きで結構です。グラフィックグラナイトのアクセサリーを身につけた後は、乾いた布で空拭きをすると、グラフィックグラナイトの美しさを長い間保つことができます。
  • 汚れが気になる場合は、中性洗剤やアルコールティッシュで洗う


    グラフィックグラナイトは水に強い特徴があるので、水洗いが可能です。基本的には真水でもじゅうぶんに汚れが落ちますが、皮脂汚れなどが気になる際は、中性洗剤を垂らしたぬるま湯でもみ洗いをします。汚れが落ちたら、洗剤が残らないように水でしっかりとすすぎます。すすいだ後は、乾いた布で水気をよく拭き取ります。また、アルコールティッシュで軽く拭くことでも汚れを落とすことができます。
  • 直射日光には当てない


    グラフィックグラナイトは、長時間直射日光に当てると劣化してしまう恐れがあります。ですので、直射日光が当たらない場所で保管をしてください。保管する際は、蓋つきの容器に入れておくとよいでしょう。

グラフィックグラナイトの販売商品

並び順を変更 - おすすめ順 - 価格の安い順 -
1-7 / 7
1-7 / 7
  • no-prev
  • 1
  • no-next