ピーターサイト

ピーターサイト・クロシドライトについて

【和名・角閃石・青石綿|英語・Pietersite、Crocidolite|産地・ナミビア】

ピーターサイトは青色のものから黄色・茶褐色のものがありますが、鉱物中の鉄分の酸化具合によって色が分かれます。パワーストーン、ヒーリングストーンとしても人気の天然石です。当店ではビーズ、カボション(ルース)、ペンダントトップ、ブレスレット等を販売しております。


    ピーターサイトの特徴

    ”ピーターサイトの通販、パワーストーンの仕入れ用卸問屋"
  • ピーターサイトとは


    ピーターサイトとは角閃石の一種で、クロシドライト(黒石綿)を含んで青みがかった黒や褐色になったものです。ピーターサイトはタイガーアイ(虎目石)とホークスアイ(鷹目石)が形成されたあと、地表の地殻変動によって細かく砕けたものがクォーツ(石英)によって再び固まってできます。独特のうねったマーブル模様は、クロシドライトによるものです。

    ピーターサイトという名前は、発見者であるシド・ピーターズ氏の名前から付けられました。また、表面のマーブル模様が嵐のように見えるため「テンペストストーン」と呼ばれることもあります。
  • ピーターサイトのキャッツアイ効果


    ピーターサイトの中には、猫の目を思わせる一筋の光が現れる「キャッツアイ効果(シャトヤンシー効果)」が現れるものがあります。規則正しく並んだ繊維状のインクルージョンに光が当たると起こる現象なのですが、ピーターサイトの場合は形成される過程で繊維が曲がりくねっているため、キャッツアイ効果はギラギラして見えます。
  • ピーターサイト 鉱物データ

項目
和名 角閃石 かくせんせき
モース硬度 6.5〜7
結晶 単斜晶系(結晶線維の部分)
成分 NaFe(SiO3)2+混合物
比重 2.65
青、黒、褐色
一般的なトリートメント等 なし

    ピーターサイトの産地

    ピーターサイトの価格と販売、ピーターサイトの産地
  • 天然石アクセサリーに使われるような上質なピーターサイトが産出することで有名なのは、ナミビアや南アフリカです。当店では、ナミビア産のピーターサイトを中心に取り扱っています。

    ピーターサイトの価値

    ピーターサイトのビーズとネックレス、天然石の卸売
  • ピーターサイトは、うねりのあるマーブル模様がはっきりと現れ、クラックやインクルージョンが少ない透明感のあるものが高い価値を持つとされています。天然石の中では比較的扱いやすい価格帯のものが多く、アクセサリーに取り入れるのにちょうどよい天然石です。また、エネルギッシュな外見からパワーストーン、ヒーリングストーンとしても人気が高い天然石です。

    当店では天然石アクセサリーにふさわしい、上質なピーターサイトを数多く取り揃えております。

    ピーターサイトのお手入れ

    ”ピーターサイトのオーバルカットとペンダント、天然石の通販”
  • 傷がつかないよう、取扱いに注意


    ピーターサイトは傷つきにくさを示すモース硬度が6.5から7と、丈夫な天然石です。しかしながら、より硬度の高いトパーズやルビー、サファイアなどと一緒にすると、表面に傷がついてしまう場合があります。ピーターサイトを保管する時は、他の石とぶつからないよう、仕切りのある箱や小袋に入れるなどして、個別に保管すると安全です。
  • 普段のお手入れは空拭きで


    ピーターサイトは劣化しにくい天然石ですので、普段のお手入れは空拭きでよいでしょう。ピーターサイトのアクセサリーを身につけた後は、乾いた柔らかい布で空拭きをすると、ピーターサイトの美しさを長い間保つことができます。
  • 汚れが気になる場合は、中性洗剤をたらした水で洗う


    ピーターサイトは水に強い特徴があるので、水洗いが可能です。真水でもじゅうぶん汚れが落ちますが、皮脂汚れなどが気になる際は、中性洗剤を垂らしたぬるま湯でもみ洗いをします。汚れが落ちたら、洗剤が残らないように水でしっかりとすすぎます。すすいだ後は、乾いた布で水気をよく拭き取ってください。
  • 直射日光には当てない


    ピーターサイトは長時間、直射日光に当てると劣化してしまう恐れがあります。そのため、直射日光が当たらない場所で保管をしてください。保管する際は、蓋つきの容器に入れておくとよいでしょう。

ピーターサイトの販売商品

並び順を変更 - おすすめ順 - 価格の安い順 -
1-44 / 44
1-44 / 44
  • no-prev
  • 1
  • no-next