ティファニーストーン

ティファニーストーンについて

【和名−|英語・Tiffany Stone|産地・アメリカ】

ティファニーストーンとはフローライトがオパール化したという少し変わった天然石です。ホワイト、パープルなど様々な色合いが混ざり合うパワーストーンとしても人気の高い天然石です。当店ではビーズ、カボション(ルース)、ペンダントトップ、ブレスレット等を販売しております。


    ティファニーストーンの特徴

    ”ティファニーストーンの通販、パワーストーンの仕入れ用卸問屋"
  • ティファニーストーンとは


    ティファニーストーンとは、フローライト(蛍石)がオパール(蛋白石)に置き換わったという風変わりな天然石です。ティファニー社の創業者の子息ルイス・カムフォート・ティファニーが制作したステンドグラス作品に石の模様が似ていることから「ティファニーストーン」と名付けられました。

    鉱物名は「オパライズド・フローライト」です。グレープのフレーバーアイスクリームのような風合いから「アイスクリーム・オパライト」という別名もあります。
  • ティファニーストーンの産状


    ティファニーストーンは熱水鉱脈や堆積岩中の空洞中、温泉鉱床中などに形成されます。地下の熱水に含まれる成分が、火山の熱で循環して沈殿を繰り返す過程で生まれたといわれています。正六面体や正八面体、立方体など、さまざまな結晶の形になります。ティファニーストーンの中には、ベリル(緑柱石)、カルサイト(方解石)、カルセドニー(玉髄)などが混ざることもあります。
  • ティファニーストーン 鉱物データ

項目
和名
モース硬度 4〜6.5
結晶 等軸晶系
成分 SiO2・nH2O(CaF)
比重 3.25
白、紫
一般的なトリートメント等 なし

    ティファニーストーンの産地

    ティファニーストーンの価格と販売、ティファニーストーンの産地
  • ティファニーストーンは、アメリカ・ユタ州のトーマス山脈周辺でのみ産出する、希少な天然石です。多くのティファニーストーンはベリリウムの製造に使われてしまいましたが、わずかな美しい石を鉱山作業員が密かに持ち帰り、ティファニーストーンが市場に流通するようになったのです。当店でもアメリカ産の美しいティファニーストーンをご用意しています。

    ティファニーストーンの価値

    ティファニーストーンのビーズとネックレス、天然石の卸売
  • ティファニーストーンは紫のマーブル模様が美しく、クラックが少ない石が高い価値を持つとされています。産地がアメリカ・ユタ州のみに限られているため流通量が少なく、今後も希少性は高まっていくと思われます。当店でも美しい紫色のティファニーストーンを取り揃えています。

    ティファニーストーンのお手入れ

    ”ティファニーストーンのオーバルカットとペンダント、天然石の通販”
  • 傷がつかないよう、取扱いに注意


    ティファニーストーンは傷つきにくさを示すモース硬度が4から6.5と、やや柔らかい天然石です。そのため、より硬度の高いクォーツやトパーズ、ルビーやサファイアなどと一緒にすると、表面に傷がついてしまう場合があります。ティファニーストーンを保管する時は、他の石とぶつからないよう、仕切りのある箱や小袋に入れるなどして、個別に保管すると安全です。
  • 普段のお手入れは空拭きで


    ティファニーストーンは汗や水分に弱い天然石ですので、普段から空拭きでお手入れするとよいでしょう。ティファニーストーンのアクセサリーを身につけた後は、乾いた柔らかい布で空拭きをすると、ティファニーストーンの美しさを長い間保つことができます。
  • 直射日光には当てない


    ティファニーストーンは長時間、直射日光に当てると退色してしまう恐れがあります。そのため、直射日光が当たらない場所で保管をしてください。保管する際は、蓋つきの容器に入れておくとよいでしょう。

ティファニーストーンの販売商品

並び順を変更 - おすすめ順 - 価格の安い順 -
1-4 / 4
1-4 / 4
  • no-prev
  • 1
  • no-next