アゲート(瑪瑙)

アゲートについて

【和名・瑪瑙/メノウ/めのう |英語・Agate|主要産地・アフリカ/南米】

瑪瑙(めのう)は天然石の中でも代表的な存在、色・模様ともに豊富で、アゲートの中でも産地や色合いなどで多くの呼称が存在します。当店ではビーズを中心に、カボション、ルースも販売しております。

    アゲートの特徴

    ”アゲートのビーズ"
  • アゲートの名前の由来


    アゲートの名前の由来は、ギリシャ語の「achates」という単語からです。これは、イタリアにあるシチリア島のアカーテ川(Acate)でこの天然石が産出していたことからきています。断面の縞模様が馬の脳に似ていることから、和名は「馬脳」が転じた「瑪瑙(めのう)」と呼ばれています。
  • アゲートはクォーツの仲間


    アゲートはカルセドニー(玉髄、ぎょくずい)とともに、クォーツ(石英、せきえい)のグループの一種です。そのため、成分上はクォーツと同じSiO2(シリカ)です。クォーツの非常に細かい結晶が網目状に集まり、沈殿したものが緻密に固まった鉱物がカルセドニー。その中でも、沈殿する過程で鮮やかな縞模様ができたもののみをアゲートと呼びます。
  • アゲートの産状


    アゲートは、主に火成岩や堆積岩の、空洞や割れ目にその成分が沈殿してできます。まれに鉱物の結晶が群生するところに珪酸溶液が流れ込み、アゲートを作ることもあります。中心部に隙間を残して育つことも多く、その隙間にクォーツの結晶ができたり、液体が残っていたりすることもあります。前者はクォーツと縞模様がよく見えるように切断されたものが、置物として流通することが多いです。後者は「水入りアゲート」として流通します。

    また、アゲートはミクロの穴が無数に空いている「多孔質(たこうしつ)」と呼ばれる性質のため、金属塩を溶かした溶液を染み込ませた後に加熱することで、さまざまな色合いに染めることができます。当店でもカラフルな色合いのアゲートを数多く取り扱っており、気分によって付け替えて楽しむことができます。
  • アゲート 鉱物データ

項目
和名 瑪瑙 めのう
モース硬度 6.5〜7
結晶 三方晶系 微晶質
成分 SiO2
比重 2.58
赤、白、褐色、黒、水色等
一般的なトリートメント等 加熱処理

    アゲートの歴史と価値

    アゲートの置物
  • アゲートの歴史


    アゲートと人間との歴史は古く、古代にはその硬さや破片の鋭さを利用して、石器の材料に使われていました。また、時代が下るにつれ、不思議な力を持つ石としても知られるようになりました。たとえば、11世紀に活躍したフランスの司教マルボドゥスは、アゲートを身につけると人当たりがよくなり、説得力のある言葉を使えるようになり、神の加護も受けられるようになると主張しました。また、19世紀の半ば頃には、アゲートは護符としての人気がとても高まりました。ドイツのイーダー・オーバーシュタインで大規模なアゲート加工施設が稼働しており、特に縞模様が目のように見えるように加工された護符が人気を博しました。

    日本でも、古墳時代後期には、中国向けにアゲートを輸出していたという記録が残っています。また、古来より七宝の一つとしてアゲートが挙げられるなど、国外への輸出のみならず日本国内でも大切に使われてきた石なのです。
  • アゲートの価値


    アゲートは、美しい縞模様がはっきりと見えるものほど価値が高くなります。また、天然石の中でも、染色されることにより新たな価値が生まれることで有名な石です。縞模様の形や色によって、さまざまな呼称で呼ばれ、そのアゲートにしかない価値が生まれるのです。当店でも、10種類以上のさまざまなアゲートを取り扱っております。

    アゲートの産地と種類

    アゲートの主要産地のメキシコのイメージ画像
  • アゲートの産地


    アゲートを構成するSiO2は、地殻を構成する物質の実に70%以上を占めています。そのため、アゲートは世界中で産出します。宝石質のものが採れるので有名なのは、メキシコ、アルゼンチン、ドイツ、オーストラリア、ボツワナ、ポーランド、チェコ、イギリスなどが挙げられます。日本でもさまざまな場所で産出しており、地域によっては河川や海岸にアゲートが落ちていることもあります。
  • アゲートの種類


    一口にアゲートと言っても、その色や縞模様の出方によって、さまざまな種類があります。ここでは、当店で取り扱っているアゲートをご紹介いたします。
  • レッドアゲート


    レッドアゲートのカボション

    赤い宝石の代表格であるルビーに勝るとも劣らない、鮮やかな赤色が特徴的なアゲートです。
  • ファイヤーアゲート


    ファイヤーアゲートのペンダントトップ

    ゆらめく炎のような模様が特徴のアゲートです。当店で取り扱っているファイヤーアゲートは、赤、青、緑色のカラフルなアゲートのほか、虹色の光がゆらめく「イリデッセンス」という効果が見られるアゲートもあります。
  • チベットアゲート


    チベットアゲートのビーズ

    黒字に白い縞模様が特徴的なアゲートです。円を描く縞模様が眼のように見えることから「天眼石(てんがんせき、アイアゲート)」とも呼ばれます。
  • モスアゲート


    「モス」とは「苔」の意味。苔むしたようなインクルージョンが特徴的なアゲートです。グリーンカラーのものは、生い茂る木の葉を閉じ込めたように見えることから「ツリーアゲート」とも呼ばれます。また、アメリカのモンタナ州で採れるものは「モンタナモスアゲート」とも呼ばれます。
  • ドラゴンアゲート


    クラック加工による模様が、竜のウロコのように見えることからこの名が付けられたアゲートです。当店では褐色、白、オレンジなどのさまざまなドラゴンアゲートを取り扱っております。
  • クレイジーレースアゲート


    抽象絵画のような、芸術的な縞模様が特徴のアゲートです。
  • ブルーアゲート


    鮮やかな青い色が特徴のアゲートです。当店では四神獣の一つである青龍の彫刻が施されたものや、チタン蒸着による幻想的な輝きを放つ「フラッシュコーティング」が施されたものを取り扱っております。
  • サードニクスアゲート(サードオニキス)


    はっきりした赤や褐色の色合いが特徴のアゲートです。「サードニクス」とは、赤みがかった茶色を意味する「sard」と、縞模様を意味する「onyx」を組み合わせた言葉です。
  • ブルーレースアゲート


    青いアゲートと白いクォーツが組み合わさった、レースのような繊細な縞模様が特徴のアゲートです。可愛らしく品のあるパステルブルーが魅力です。
  • ラグナレースアゲート


    さまざまな色の織物を重ねたような、多彩な色合いの縞模様が特徴的なアゲートです。当店のラグナレースアゲートは落ち着いたシックな色合いのものを多く取り揃えており、大人の雰囲気を演出します。
  • チェリーブロッサムアゲート


    「チェリーブロッサム(桜の花)」のようなインクルージョンと、可憐なピンクが印象的なアゲートです。
  • ストライプアゲート


    はっきりとした白い縞模様が特徴のアゲートです。当店ではさまざまな色合いのストライプアゲートを取り扱っております。
  • ショーンアゲート


    主にモロッコで産出するアゲートです。マグマが流れた後のような、深みのある赤と褐色の縞模様が特徴的です。
  • 天珠(てんじゅ)


    チベットでは「ジー」と呼ばれ、護符などとして用いられるアゲートです。天から降ってきた霊虫の化身であるという伝説があり、富や幸運を招くと信じられています。当店で取り扱っているのは「仏の第三の目」を象徴する模様の入った「三眼天珠」と呼ばれる天珠です。

    アゲートのお手入れ

    ”アゲートのタンブル"
  • 保存は個別に


    アゲートよりも硬度の低い石や高度が高い石とぶつけると、アゲートや他の石に傷がついてしまう恐れがあります。そのため、他の石とぶつからないよう、仕切りのある箱や小袋に入れるなどして、個別に保管すると安全です。
  • 普段のお手入れは空拭きで


    アゲートは劣化しにくい石ですので、普段のお手入れは空拭きで結構です。アゲートのアクセサリーを身につけた後は、乾いた布で空拭きをすると、アゲートの美しさを長い間保つことができます。
  • 汚れが気になる場合は、中性洗剤やアルコールティッシュで洗う


    アゲートは水に強い特徴があるので、水洗いが可能です。皮脂汚れなどが気になる際は、中性洗剤を垂らしたぬるま湯でもみ洗いをします。汚れが落ちたら、洗剤が残らないように水でしっかりとすすぎます。すすいだ後は、乾いた布で水気をよく拭き取ります。また、アルコールティッシュで軽く拭くことでも汚れを落とすことができます。
  • 超音波洗浄は避けた方が無難


    アゲートは傷つきにくさを示す硬度は高いのですが、ミクロの穴が無数に空いている「多孔質」という性質があるので、超音波洗浄は避けた方が無難です。
  • 直射日光には当てない


    アゲートは長時間直射日光に当てると退色してしまう恐れがあります。そのため、日光が当たらない場所で保管をする必要があります。

アゲート(瑪瑙)の販売商品

並び順を変更 - おすすめ順 - 価格の安い順 -