クォーツ 
モリオン(黒水晶)

モリオン・カンゴームについて

【和名・ 黒水晶(くろすいしょう)|英語・Morion、Black crystal quartz|産地・チベット/ロシア/ブラジル等】

モリオンはスモーキークォーツのような透明感を持たない真っ黒な水晶です。当店では何年もの歳月をかけて、ようやくチベット産のものを入荷できるようになりました。パワーストーン、ヒーリングストーンとしても人気の高い天然石です。当店ではビーズを中心に、スフィア、ペンデュラム等も販売しております。

    モリオンの特徴

    ”モリオンのスフィア"
  • モリオンとは


    モリオンは、ケイ酸塩鉱物の一種でクォーツ(石英、せきえい)の一種です。一般的なクォーツが無色透明なのに対して、アルミニウムを含み、さらに放射線を受けることで黒くなったものがモリオンです。

    モリオンの名前の由来は諸説ありますが、一説には、ドイツ語でスモーキークォーツを意味する言葉に「morion」というものがあり、それが由来であるといわれています。和名は「黒水晶(くろすいしょう)」と呼ばれます。
  • クォーツの産状


    クォーツは地殻を構成する非常に一般的な造岩鉱物で、フェルスパー(長石、ちょうせき)に次いでもっともよく見られるものです。火成岩・変成岩・堆積岩のいずれにもしばしば含まれます。クォーツは二酸化ケイ素が火山噴火した際に出たマグマの熱に溶かされ、それを含んだ水が冷やされて結晶化して作られます。

    結晶が形成される際に不純物を含むことで、紫や褐色、ピンクなど、さまざまな色に染まります。
    代表的なものとしては、
    ・鉄:紫(アメジスト)、黄(シトリン)
    ・アルミニウム:ブラウン(スモーキークォーツ)、黒(モリオン)
    ・チタン、マンガン:ピンク(ローズクォーツ)
    が挙げられます。
  • モリオンが黒く見えるしくみ


    モリオンとなるクォーツは結晶化する際、ケイ素の一部がアルミニウムに置き換わります。すると、アルミニウムへ置き換わった分だけ元素が含むイオンのエネルギーの大きさが変化します。そこへジルコンなどの鉱物が出した放射線が当たることで、モリオンは黒く見えるのです。このような色の見え方を「カラーセンター(着色中心)」と呼びます。

    このように、クォーツがモリオンになる環境はかなり特殊なため、一般的には、人工的に放射線を照射して黒くしたモリオンが流通しています。
  • モリオンとスモーキークォーツ


    スモーキークォーツ(煙水晶)とモリオンは、どちらもアルミニウムが要因となって発色します。中には、両方が混在したクラスターが見つかることもあります。褐色のスモーキークォーツより更に色が濃く、光を通さないほど黒くなったものがモリオンです。
  • モリオン 鉱物データ

項目
和名 石英 せきえい
モース硬度 7
結晶 三方晶系
成分 SiO2
比重 2.7
一般的なトリートメント等 照射処理

    モリオンの産地

    モリオンの産地のイメージ
  • モリオンの歴史


    モリオンはもともと、スコットランドのカンゴーム山脈(ケアンゴーム)と呼ばれる場所で産出した黒いクォーツを指す言葉でした。時が経つにつれ、カンゴームは黒褐色のスモーキークォーツを指す言葉となり、モリオンとは区別されるようになりました。そして現在では、モリオンという言葉は黒いクォーツ全般を指す言葉となっていったのです。
  • モリオンの産地


    高品質のモリオンが産出することで有名なのはスコットランド、チベット、ロシア、ブラジルなどです。チベット産のモリオンは特に産出量が少なく、希少です。他にはアメリカ、南アフリカ共和国、中国などでも産出します。日本でも、山梨県の黒平鉱山(くろべらこうざん)など、いくつかの地域で産出したという記録が残っています。

    当店ではチベット、ロシア、ブラジル産のモリオンを中心に取り扱っています。

    モリオンの価値

    モリオンのペンデュラム
  • モリオンは光を通さないほど漆黒に染まり、クラックやインクルージョンが少ないものが価値があるとされています。色は濃ければ濃いほど価値は高まっていきます。当店では色の濃い、上質なモリオンを数多く取り揃えています。

    モリオンのお手入れ

    ”モリオンのさざれ"
  • 傷がつかないよう、取扱いに注意


    モリオンは傷つきにくさを示すモース硬度が7と、丈夫な石です。しかしながら、より硬度の高いトパーズやルビー、サファイアなどと一緒にすると、表面に傷がついてしまう場合があります。モリオンを保管する時は、他の石とぶつからないよう、仕切りのある箱や小袋に入れるなどして、個別に保管すると安全です。
  • 普段のお手入れは空拭きで


    モリオンは汗などで劣化しにくい石ですので、普段のお手入れは空拭きで結構です。モリオンのアクセサリーを身につけた後は、乾いた布で空拭きをすると、モリオンの美しさを長い間保つことができます。
  • 汚れが気になる場合は、中性洗剤やアルコールティッシュで洗う


    モリオンは水に強い特徴があるので、水洗いが可能です。基本的には真水でもじゅうぶんに汚れが落ちますが、皮脂汚れなどが気になる際は、中性洗剤を垂らしたぬるま湯でもみ洗いをします。汚れが落ちたら、洗剤が残らないように水でしっかりとすすぎます。すすいだ後は、乾いた布で水気をよく拭き取ります。また、アルコールティッシュで軽く拭くことでも汚れを落とすことができます。
  • 直射日光には当てない


    クォーツの中でもモリオンは特に紫外線に弱く、退色しやすい天然石です。そのため、モリオンを長時間直射日光に当てると劣化してしまう恐れがあります。ですので、直射日光が当たらない場所で保管をしてください。保管する際は、蓋つきの容器に入れておくとよいでしょう。

クォーツ 
モリオン(黒水晶)の販売商品

並び順を変更 - おすすめ順 - 価格の安い順 -
1-42 / 42
1-42 / 42
  • no-prev
  • 1
  • no-next