メインコンテンツへスキップ
16時までのご注文で当日発送。3,000円以上のご注文でネコポス送料無料。7,000円以上のご注文で宅配便送料無料。

パイライト

パイライト・マーカサイトについて

【和名・黄鉄鉱(おうてっこう)|英語・Pyrite|主要産地・中国/ペルー等】

パイライトとは鉄と硫黄を主成分とする鉱物です。メタリックな輝きでアクセサリーパーツとしても鉱物としても人気の天然石です。当店ではビーズ、カボション(ルース)、クラスター等を販売しております。


    パイライトの特徴

    ”パイライトの通販、パワーストーンの仕入れ用卸問屋"
  • パイライトの名前の由来


    パイライトの名前の由来は、ラテン語で「火打ち石」を意味する「pirites」です。パイライトをハンマーなどで叩くと火花が出るため、火打ち石として使われていたことからこの名が付けられました。かつては「マルカジット」と呼ばれたこともあり、この呼び名は現代でもたまに使われることがあります。
  • パイライトの産状


    パイライトは鉄と硫黄を主成分とする鉱物で、熱水鉱床や噴気性の鉱床など、火山活動が活発な場所に主に結晶します。

    自然が作ったとは思えない、サイコロのような美しい立方体の結晶が有名です。ほかにもダイヤモンドやスピネルの結晶のような正八面体、「パイライト・サン」と呼ばれる放射状の模様がついた塊など、さまざまな形に結晶します。

    パイライトと、成分は同じでありながら異なった原子配列を持つ「同質異像(どうしついぞう)」の関係にある鉱物に、マーカサイト(白鉄鉱)があります。高温の酸性の地層の中ではパイライトができやすく、低温のアルカリ性の地層の中ではマーカサイトができやすいという特徴があります。このことから、パイライトやマーカサイトは地層の成分を調べるための指標となるのです。
  • 愚者の金


    パイライトは金にそっくりな外見から、金と見間違えられることが多い天然石です。たとえば、川の中に砂粒として沈んでいるパイライトが砂金と間違われたり、岩の間に染み込んでいるパイライトが金鉱脈と間違われたりすることが後を絶ちません。そのため、パイライトは「愚者の金」と呼ばれることがあります。

    長らく、パイライトの成分の中に金は含まれていないと考えられていました。しかしながら近年、オーストラリアのカーティン大学が、パイライトの原子配列の隙間にわずかな金が含まれていると発表しました。愚者の金であるパイライトを手にした人は、原子レベルですが「本物の金」も手にしていたといえるでしょう。
  • パイライト 鉱物データ

項目
和名 黄鉄鉱 おうてっこう
モース硬度 6〜6.5
結晶 等軸晶系
成分 FeS2
比重 5.10
一般的なトリートメント等 なし

    パイライトの歴史と産地

    パイライトの価格と販売、パイライトの産地
  • パイライトの歴史


    パイライトは現代でこそ観賞用に楽しまれる天然石ですが、昔はさまざまな工業用途に使われる鉱石でした。

    たとえば、パイライトは古代には火打ち石として使われていました。特に、15世紀に開発された「ホイールロック」という火打ち石式の銃は、撃鉄の部分にパイライトが使われていました。

    日本では岡山県美咲町の柵原鉱山などで、硫酸の原料としてパイライトが採掘されていました。しかし、現在では硫黄から硫酸を製造する方法が主流となり、パイライトの工業的価値はなくなっていきました。

    パイライトの装飾品としての歴史は比較的新しく、18世紀中頃には小さなパイライトの結晶にローズカットが施され、ダイヤモンドの代用品として使われることもありました。
  • パイライトの産地


    パイライトの産地として有名なのはペルーや中国です。特にペルーのラクラカンチャ鉱山やワンサラ鉱山は、美しいパイライトを産出するとして世界的に有名です。他にもスペイン、イタリア、メキシコ、ドイツ、フランスなどでも産出します。日本でも各地で産出しており、パイライトの美しい結晶を採集するコレクターも少なくありません。当店では中国産、ペルー産のパイライトを中心に取り扱っています。

    パイライトの価値

    パイライトのビーズとネックレス、天然石の卸売
  • パイライトの価値


    パイライトは金と見紛うような美しい輝きとテリがあり、クラックの少ないものが高い価値を持つとされています。また、パイライトは産出量が多いため、美しい石をお手頃な価格で手に入れられることも魅力の一つです。当店でも金色が美しい、上質なパイライトを数多く取り揃えています。
  • マトリックスパイライト

    マトリックスパイライトのタンブルとルース、パワーストーンの販売

    黒い母岩とともに磨かれたパイライトを「マトリックスパイライト」と呼びます。母岩のブラックとパイライトのゴールドが、重厚感あふれるシックな色合いとなって人気を呼んでいます。

    パイライトのお手入れ

    ”パイライトのスフィアとルース、天然石の通販”
  • 傷がつかないよう、取扱いに注意


    パイライトは傷つきにくさを示すモース硬度が6から6.5と、やや柔らかい天然石です。そのため、より硬度の高いクォーツやトパーズ、ルビーやサファイアなどと一緒にすると、表面に傷がついてしまう場合があります。パイライトを保管する時は、他の石とぶつからないよう、仕切りのある箱や小袋に入れるなどして、個別に保管すると安全です。
  • 普段のお手入れは空拭きで


    パイライトは汗や水分に弱い天然石ですので、普段から空拭きでお手入れするとよいでしょう。パイライトのアクセサリーを身につけた後は、乾いた柔らかい布で空拭きをすると、パイライトの美しさを長い間保つことができます。
  • 直射日光には当てない


    パイライトは長時間、直射日光に当てると退色してしまう恐れがあります。そのため、直射日光が当たらない場所で保管をしてください。保管する際は、蓋つきの容器に入れておくとよいでしょう。

パイライトの販売商品