クォーツ 
フロストクォーツ

フロストクォーツ・フロストクリスタルについて

【和名・艶消し水晶|英語・Frosted crystal quartz|産地・ブラジル】

クリスタルクォーツ(白水晶)の表面を荒めに仕上げることで艶消し加工を施した天然石です。柔らかく温かみのある印象の作品素材としておすすめです。当店ではビーズを中心に販売しております。
クリスタル・水晶とは?

    フロストクォーツの特徴

    ”フロストクォーツのビーズ"
  • フロストクォーツとは


    フロストクォーツとは、無色透明なクォーツ(クリスタル)の表面を荒目に仕上げることで艶消し処理を施した天然石です。氷のような冷たさのある通常のクォーツとは違う、柔らかく優しげな風合いが特徴です。「フロスト」という名前の由来は、霜を意味する英語の「frost」です。表面の霜が降りたような曇り具合が、この名前と非常にマッチしています。「フロスティクォーツ」と呼ばれる場合もあります。

    アメジストやローズクォーツなど、色つきのクォーツが艶消し処理をされる場合もあります。その場合は「フロストアメジスト」「フロストローズクォーツ」など、頭に「フロスト」と付きます。
  • クォーツの産状


    クォーツは地殻を構成する非常に一般的な造岩鉱物で、フェルスパー(長石、ちょうせき)に次いでもっともよく見られるものです。火成岩・変成岩・堆積岩のいずれにもしばしば含まれます。クォーツは二酸化ケイ素が火山噴火した際に出たマグマの熱に溶かされ、それを含んだ水が冷やされて結晶化して作られます。結晶が形成される際に不純物を含むことで、さまざまな色に染まります。
    代表的なものとしては、
    ・鉄:紫(アメジスト)、黄(シトリン)
    ・アルミニウム:ブラウン(スモーキークォーツ)
    ・チタン、マンガン:ピンク(ローズクォーツ)
    が挙げられます。
  • クォーツに施されるさまざまな処理


    クォーツには艶消し処理以外にも、さまざまな処理が施されることがあります。ここでは代表的なものをいくつかご紹介いたします。
  • 蒸着処理


    金属や酸化物などを蒸発させて、素材の表面をコーティングしたり、薄膜を作ったりする表面処理のことを「蒸着処理」と呼びます。眼鏡やレンズの反射防止コーティング、磁気テープ、食品包装材の表面など、さまざまな分野に使われています。クォーツの表面に金属を蒸着することで、さまざまな色合いに染めることができるのです。色をつけるほか、表面にシャボン玉のような虹色の光が浮かぶ「オーラクォーツ」も、金やチタンを蒸着したものです。
  • 加熱処理


    加熱することで、クォーツの色が変わる場合があります。代表的なものとしては、アメジストやスモーキークォーツを加熱することで生み出されるシトリンが挙げられます。
  • 放射線処理


    放射線を照射することで、色つきのクォーツをより色鮮やかに発色させることができる場合があります。たとえば、スモーキークォーツの発色をよくするために放射線処理が行われることがあります。

    また、放射線処理によって色が変わる場合もあります。代表的なものとしては、加熱処理と放射線処理を組み合わせることで生み出されるグリーンアメジストが挙げられます。
  • フロストクォーツ 鉱物データ

項目
和名 石英 せきえい
モース硬度 7
結晶 三方晶系
成分 SiO2
比重 2.7
透明
一般的なトリートメント等 艶消し処理

    フロストクォーツの産地

    フロストクォーツの産地のイメージ
  • フロストクォーツとして加工されることが多いのはブラジル産のクォーツです。当店ではブラジル産のクォーツを加工したものを中心に取り扱っていいます。

    フロストクォーツの価値

    フロストクォーツの羽ビーズ
  • フロストクォーツは、クラックやインクルージョンが少ないものが価値があるとされています。材料となるクォーツは天然のものなので、そのようなクォーツは希少です。当店では、上質なフロストクォーツを数多く取り揃えています。

    フロストクォーツのお手入れ

    ”フロストクォーツのビーズ"
  • 傷がつかないよう、取扱いに注意


    フロストクォーツは傷つきにくさを示すモース硬度が7と、丈夫な石です。しかしながら、より硬度の高いトパーズやルビー、サファイアなどと一緒にすると、表面に傷がついて艶消し処理が剥がれてしまう場合があります。フロストクォーツを保管する時は、他の石とぶつからないよう、仕切りのある箱や小袋に入れるなどして、個別に保管すると安全です。
  • 普段のお手入れは空拭きで


    フロストクォーツは汗などで劣化しにくい石ですので、普段のお手入れは空拭きで結構です。フロストクォーツのアクセサリーを身につけた後は、乾いた布で空拭きをすると、フロストクォーツの美しさを長い間保つことができます。
  • 汚れが気になる場合は、中性洗剤やアルコールティッシュで洗う


    フロストクォーツは水に強い特徴があるので、水洗いが可能です。基本的には真水でもじゅうぶんに汚れが落ちますが、皮脂汚れなどが気になる際は、中性洗剤を垂らしたぬるま湯でもみ洗いをします。汚れが落ちたら、洗剤が残らないように水でしっかりとすすぎます。すすいだ後は、乾いた布で水気をよく拭き取ります。また、アルコールティッシュで軽く拭くことでも汚れを落とすことができます。
  • 直射日光には当てない


    フロストクォーツは長時間直射日光に当てると劣化してしまう恐れがあります。そのため、直射日光が当たらない場所で保管をしてください。保管する際は、蓋つきの容器に入れておくとよいでしょう。

クォーツ 
フロストクォーツの販売商品

並び順を変更 - おすすめ順 - 価格の安い順 -
1-42 / 42
1-42 / 42
  • no-prev
  • 1
  • no-next