サハラNWA869隕石

サハラNWA869隕石・サハラ隕石・コンドライト隕石について

【英語・Sahara NWA869 Meteorite】

サハラ砂漠で発掘されるコンドライト隕石(石質隕石)です。鉱物名L4-5コンドライトと呼ばれる、石自体に磁力がある隕石です。当店ではビーズ、ペンダントトップ、ブレスレット等を販売しております。


    サハラNWA隕石の特徴

    ”サハラNWA隕石のビーズ"
  • サハラNWA隕石とは


    サハラ砂漠で発掘される隕石の一種です。岩石を主成分とする石質隕石の中でも「コンドライト」と呼ばれるものの中に含まれます。コンドライトは鉄やケイ酸塩などでできた丸い粒の形をした「コンドリュール」という組織を持っています。石自体が微量な磁力を帯びていて、鉄も多分に含むため、磁石にくっつく性質があります。

    「NWA」は「North West Africa」の略称です。また、サハラNWA隕石と同じコンドライトは、岡山県倉敷市玉島にも落下したことがあり「富田隕石」と呼ばれて倉敷市に保存されています。
  • 隕石の種類

  • 石質隕石


    主にケイ酸塩で構成されている隕石です。落下が目撃された隕石の約66%を占める、非常に数の多い隕石です。コンドリュールを含む「コンドライト」と、コンドリュールを含まない「エイコンドライト」の2つに大きく分けられます。
  • 鉄隕石


    太陽系形成後にできた天体が衝突などで破壊され、その核の部分である鉄やニッケルなどの合金が飛び散ってできた隕石です。金属だけで構成されているので、とても重いのが特徴です。

    天体が破壊された際の衝撃で、表面に美しい格子模様(変形双晶による模様)ができることが多いです。また、ニッケルを多く含む部分とそうでない部分が分離してできる「ウィドマンシュテッテン構造」と呼ばれる、まるで宇宙船の外壁のように見える独特の格子模様ができることもあります。
  • 石鉄隕石


    石質隕石と鉄隕石の中間で、どちらの成分も同じぐらい含んでいる隕石です。
  • サハラNWA隕石 鉱物データ

項目
和名 石質隕石 せきしついんせき
モース硬度 9
結晶
成分 鉄とケイ酸塩からなる岩石
比重 3.8
黒、褐色
一般的なトリートメント等 なし

    サハラNWA隕石の歴史と産地

    サハラNWA隕石の産地のイメージ
  • サハラNWA隕石の歴史


    サハラNWA隕石は、1998年頃からモロッコとアルジェリア国境付近のサハラ砂漠で発見されました。それから、1年毎に落下が見られるようになったといわれています。また、火星の表面から約100mの深さのところで約13億年前に冷えて固まった岩石が、別の隕石が火星に衝突したことで弾き飛ばされ、地球に落下した隕石ともいわれています。
  • サハラNWA隕石の産地


    その名の通り、サハラ砂漠で産出したものを「サハラNWA隕石」と呼びます。当店でも、サハラ砂漠で産出したものを取り扱っています。

    サハラNWA隕石の価値

    サハラNWA隕石のビーズ
  • ここではサハラNWA隕石と同様、天然石として取り扱われる隕石や、隕石が関係してできた天然石をご紹介いたします。
  • パラサイト隕石


    石鉄隕石の一種です。岩石部分にペリドット(カンラン石)を含み、金属部分とのコントラストによって、まるでステンドグラスのような美しい模様を見せる天然石です。パラサイト隕石は地球に落下する隕石のうち約2%しかなく、隕石の中でも珍しいものの一つです。
  • ムオニナルスタ隕石、ギベオン隕石


    鉄隕石の一種です。格子模様や波模様のウィドマンシュテッテン構造が見られることも多い、美しい隕石です。その美しい模様から、腕時計の文字盤のデザインに採用されたこともありました。サビに弱いため、表面をロジウム加工でコーティングされていることが多いです。
  • テクタイト


    透明なガラス質の天然石です。隕石が衝突した時の衝撃によって地表の岩盤の一部が溶け出し、ガラス質に固まったといわれています。

    旧チェコスロバキアのモルダウ川付近で発見されたオリーブグリーンの「モルダバイト」や、エジプトのリビア砂漠で発見されたレモンイエローの「リビアングラス」などがあります。

    テクタイトは大昔から不思議な力を持つ石であると信じられており、装飾品に使われることも多かった天然石です。たとえば、リビアングラスは古代エジプトにおいて胸飾り等に使用されていました。ツタンカーメン王の墓からは、リビアングラスを使った装飾品が数多く発見されています。

    サハラNWA隕石のお手入れ

    ”サハラNWA隕石のビーズ"
  • 傷がつかないよう、取扱いに注意


    サハラNWA隕石は傷つきにくさを示すモース硬度が9と、非常に丈夫な石です。しかしながら、その丈夫さゆえにサハラNWA隕石よりも硬度が低い石とぶつけると、その石に傷がついてしまう可能性があります。サハラNWA隕石を保管する時は、他の石とぶつからないよう、仕切りのある箱や小袋に入れるなどして、個別に保管すると安全です。
  • 普段のお手入れは空拭きで


    サハラNWA隕石は劣化しにくい石ですので、普段のお手入れは空拭きで結構です。サハラNWA隕石のアクセサリーを身につけた後は、乾いた布で空拭きをすると、サハラNWA隕石の美しさを長い間保つことができます。
  • 汚れが気になる場合は、中性洗剤で洗う


    サハラNWA隕石は水に強い特徴があるので、水洗いが可能です。真水でもじゅうぶん汚れは落ちますが、皮脂汚れなどが気になる際は、中性洗剤を垂らしたぬるま湯でもみ洗いをします。汚れが落ちたら、洗剤が残らないように水でしっかりとすすぎます。すすいだ後は、乾いた布で水気をよく拭き取ります。
  • 直射日光には当てない


    サハラNWA隕石は長時間直射日光に当てると劣化してしまう恐れがあります。そのため、直射日光が当たらない場所で保管をしてください。保管する際は、蓋つきの容器に入れておくとよいでしょう。

サハラNWA869隕石の販売商品

並び順を変更 - おすすめ順 - 価格の安い順 -
1-37 / 37
1-37 / 37
  • no-prev
  • 1
  • no-next