アメジスト
ラベンダーアメジスト

ラベンダーアメジスト(ラベンダーアメシスト)・ケープアメジスト(ケープアメシスト)について

【和名・紫水晶|英語・Lavender amethyst|産地・マダガスカル/ブラジル】

ラベンダーアメジストとは淡いパープルカラーで産出される紫水晶の一種、淡く優しい色合いで人気の高い天然石です。当店ではビーズを中心に、ブレスレット、勾玉等も販売しております。

    ラベンダーアメジストの特徴

    ”ラベンダーアメジストのビーズ"
  • ラベンダーアメジストとは


    ラベンダーアメジストとは、アメジストの中でも淡い色合いものを指します。色が淡くなる要因は紫外線。長い期間放射線を照射し続けることで、ラベンダーの花を思わせる柔らかな色合いになるのです。
  • アメジストの産状


    アメジストは、ケイ酸塩鉱物の一種でクォーツ(石英、せきえい)の一種です。クォーツが無色透明なのに対して、鉄イオンを含むことによって紫色になったものがアメジストです。クォーツは地殻を構成する非常に一般的な造岩鉱物で、フェルスパー(長石、ちょうせき)に次いでもっともよく見られるもので、火成岩・変成岩・堆積岩のいずれにもしばしば含まれます。二酸化ケイ素が火山噴火した際に出たマグマの熱に溶かされ、それを含んだ水が冷やされて結晶化することでクォーツが作られますが、結晶化する際にケイ素の一部が鉄イオンに置き換わることによって紫色に染まり、アメジストが生まれるのです。

    また、結晶化の過程で特定の温度まで熱せられると、ごくまれに紫色から黄色のシトリンに変わることもあります。これは、含まれる鉄イオンが変質することが原因です。
  • ラベンダーアメジスト 鉱物データ

項目
和名 石英 せきえい
モース硬度 7
結晶 三方晶系
成分 SiO2
比重 2.7
淡紫
一般的なトリートメント等 照射処理

    ラベンダーアメジストの歴史と産地

    ラベンダーアメジストのクラスター
  • アメジストの歴史


    アメジストの歴史は古く、紀元前にはすでに装飾品として用いられていました。また、アメジストは酔いどめのお守りとして珍重されていました。「アメジスト」という名も、ギリシャ語で「酒に酔わない」を意味する「amethystos」に由来しています。

    今でこそさまざまな場所で産出するアメジストですが、昔は産出量が非常に少なく、王侯貴族が身につける石として珍重されていた時代もありました。女性よりも男性に人気があったため、現在でもアメジストをあしらった男性向けの装身具が多く残されています。

    ギリシャ神話では、女神アルテミスに仕えていた女性「アメシスト」が、アメジストの名前の由来になったという話が語られています。酒の神バッカスのけしかけた虎に追われたアメシストは神に助けを請い、祈りを捧げました。すると、アメシストの身体は無色透明な水晶に変化してしまいました。これを哀れんだバッカスがブドウ酒を水晶に注ぐと、水晶は紫色に染まりました。これがアメジストの始まりであるといわれています。

    日本では平安時代の薬物事典である『本草和名』に「紫石英」としてアメジストが登場しています。紫色は高貴な色として、薬の材料に使われてきたのです。
  • ラベンダーアメジストの産地


    ラベンダーアメジストは、通常のアメジストと比べると産出量が少ないです。宝石質のラベンダーアメジストが採れることで有名な産地は、ブラジル、マダガスカルなどです。他には、インドや南アフリカなどでも産出します。

    ラベンダーアメジストの価値と用途

    ラベンダーアメジストのカボション
  • ラベンダーアメジストの価値


    通常のアメジストは色が濃いものが尊ばれますが、ラベンダーアメジストはその独特の淡い紫色こそが唯一無二の魅力です。ラベンダーの花を思わせるような美しい薄紫色を持ち、クラックやインクルージョンが少なく、透明感の高いものが、ラベンダーアメジストとしては高い価値を持ちます。当店では透明度の高い、宝石質のラベンダーアメジストを数多く取り揃えております。
  • さまざまなシーンで使われるラベンダーアメジスト


    可愛らしい淡い色合いが特徴的なラベンダーアメジストは、生活の中でもさまざまな用途に使われています。もっとも多いのが、ルースや天然石ビーズなどに加工され、ハンドメイドアクセサリーの材料として利用されること。さまざまな形状のパーツとして加工されたラベンダーアメジストは、ハンドメイドアクセサリー作家にも非常に人気があります。

    また、原石そのものを置物として利用されることも多く、ラベンダーアメジストのクラスターやドームも数多く流通しています。

    ラベンダーアメジストのお手入れ

    ”ラベンダーアメジストの結晶"
  • 傷がつかないよう、取扱いに注意


    ラベンダーアメジストは傷つきにくさを示すモース硬度が7と、丈夫な石です。しかしながら、より硬度の高いトパーズやルビー、サファイアなどと一緒にすると、ラベンダーアメジストに傷がついてしまう可能性があります。ラベンダーアメジストを保管する時は、他の石とぶつからないよう、仕切りのある箱や小袋に入れるなどして、個別に保管すると安全です。
  • 普段のお手入れは空拭きで


    ラベンダーアメジストは劣化しにくい石ですので、普段のお手入れは空拭きで結構です。ラベンダーアメジストのアクセサリーを身につけた後は、乾いた布で空拭きをすると、ラベンダーアメジストの美しさを長い間保つことができます。
  • 汚れが気になる場合は、中性洗剤やアルコールティッシュで洗う


    ラベンダーアメジストは水に強い特徴があるので、水洗いが可能です。皮脂汚れなどが気になる際は、中性洗剤を垂らしたぬるま湯でもみ洗いをします。汚れが落ちたら、洗剤が残らないように水でしっかりとすすぎます。すすいだ後は、乾いた布で水気をよく拭き取ります。また、アルコールティッシュで軽く拭くことでも汚れを落とすことができます。
  • 直射日光には当てない


    ラベンダーアメジストは長時間直射日光に当てると、含まれる鉄イオンが紫外線によって化学反応を起こし、退色してしまう恐れがあります。特に、通常のアメジストよりも色の淡いラベンダーアメジストは、紫外線の影響を強く受けてしまいます。そのため、直射日光が当たらない場所で保管をしてください。保管する際は、蓋つきの容器に入れておくとよいでしょう。

アメジスト
ラベンダーアメジストの販売商品

並び順を変更 - おすすめ順 - 価格の安い順 -
1-72 / 72
1-72 / 72
  • no-prev
  • 1
  • no-next