【どう選ぶべき?】誕生石と星座石 / 選び方のポイントとよくある質問

誕生石について

宝石の世界では複数の宝石が「誕生石・星座石」として選ばれ、今日まで言い伝えられてきました。これら2つについて先に結論を言うと、「宝石の特別な力を信じた人類が、その恩恵を受けようとして作り出したもの」に他なりません。

科学的にその力と恩恵を証明することは出来ませんが、これらを単なる「まやかし」と言ってしまうのは夢がありません。実際にこれらの宝石には私達に「何か」を期待させる程の「確かな美と魅力」があります。

今回はそれら誕生石と星座石について解説しながら、選ばれし宝石達の魅力にも迫っていきたいと思います。後半には宝石の選び方に関しても言及していますので、ぜひ最後までお読み下さい。

この記事の内容

誕生石とは

誕生石とは

誕生石というのは1月~12月の誕生月を象徴する宝石のことです。その為、12ある月それぞれに種類の違う宝石が存在しています。

古来より誕生石は「その月に生まれた人々を癒し、護る力を持つ」と信じられてきました。その起源は、占星術の発祥の地であるカルデアから生まれたという説・新エルサレムの都の12城塞それぞれの土台を装飾した宝石説・イスラエル大祭司の胸当てにはめ込まれた宝石説など諸説あります。

どの説が本当の起源かは分かりませんが、いずれにしてもそれらの宝石には特別な力があると信じられ、そしてそれがいつしか誕生石と呼ばれ始めました。そしてそのままの名称で今日に至り、多くの人から親しまれています。

誕生石一覧

さまざまな誕生石

誕生石はユダヤ人宝石商によって広められたと言われていますが、多くの地域に広がっていくにつれて、誕生石に地域差が出るようになりました。1900年初頭になるとアメリカの宝石業界が各月の誕生石を明確に制定しましたが、現在でも国や地域で誕生石の違いは残っています。日本では以下のような宝石が一般的に各月の誕生石として認識されています。

誕生石
1月ガーネット
2月アメジスト
3月アクアマリン・ コーラル(サンゴ)・ブラッドストーン
4月ダイヤモンド・水晶・キュービックジルコニア
5月エメラルド・ アベンチュリン・ジェイダイト/ジェード(ヒスイ)
6月ムーンストーン・パール
7月ルビー・カーネリアン
8月ペリドット・スピネル・サードニクス
9月サファイア・ラピスラズリ・アイオライト
10月オパール・トルマリン・ローズクォーツ・タイガーアイ
11月トパーズ・シトリン
12月ターコイズ(トルコ石)・タンザナイト・マラカイト

※各月の代表的な誕生石については後半に紹介します。

星座石とは

星座石とは

次に星座石について解説します。星座石というのは12ある星座を象徴する宝石のことです。星座石の起源を紐解くと、先程の誕生石の起源の一つとも考えられている「占星術の発祥の地であるカルデアから生まれたという説」とリンクします。

カルデアで行われていた天体観測では「地球から太陽を見ると、太陽はその軌道を1年かけて1周する」と考えていました。その軌道を12分割しそれぞれに星座を配置し、それが時を経てギリシャへ伝わり、それら星座を象徴とした宝石を星座石と呼ぶようになりました。

そして古代の人々は自分の星座の星座石を身に着けることで、その星座とつながり、保護を受けられると考えました。このような背景から、星座石をアレンジしたものが誕生石であるとも言われています。

星座石一覧

さまざまな星座石

現在では各星座に対して複数の宝石が星座石として認知されています。各星座の主な星座石は下の表のようになります。

ちなみに星座石では本来おひつじ座(3/21~4/19)を1番目の星座として考えますが、今回は先程の誕生石に合わせて1月の星座順に並べています。

星座石
山羊座(12/22~1/19)
10番目の星座
ターコイズ・ガーネット・オブシディアン・パール・オニキス・ブラックオパール・オプシディアン・メラナイト
水瓶座(1/20~2/18)
11番目の星座
アメジスト・ブラックダイヤモンド・ブルーダイヤモンド・ブラウンクォーツ・ブラウンジルコン
魚座(2/19~3/20)
12番目の星座
アクアマリン・ブラッドストーン・アメジスト・ペリドット・バイオレットサファイア・パープルスピネル・アイオライト
牡羊座(3/21~4/19)
1番目の星座
ダイヤモンド・ブラッドストーン・コーラル(サンゴ)・レッドスピネル・ルベライト・インカローズ
牡牛座(4/20~5/20)
2番目の星座
エメラルド・ヒスイ・グリーンアベンチュリン・ジェード・マラカイト・デマントイド・アマゾナイト
双子座(5/21~6/21)
3番目の星座
アゲート・アレキサンドライト・イエローベリル・シトリン・ゴールデンサファイア
蟹座(6/22~7/22)
4番目の星座
パール・ムーンストーン・アゲート・ラブラドライト・セレナイト・ミルキークォーツ
獅子座(7/23~8/22)
5番目の星座
ルビー・サード二クス・琥珀・カーネリアン・クリスタルクォーツ・サンストーン・アンバー
乙女座(8/23~9/22)
6番目の星座
サファイア・サード二クス・レッドジャスパー・イエロージャスパー・プレーナイト・イエローカルセドニー
天秤座(9/23~10/22)
7番目の星座
トルマリン・ピスラズリ・アズライト・ソーダライト・ブルーカルセドニーイア・
蠍座(10/23~11/21)
8番目の星座
トパーズ・オパール・トルマリン・ファイアオパール・ヘマタイト・紅翡翠・ロードストーン
射手座(11/22~12/21)   
9番目の星座
トパーズ・ラピスラズリ・ターコイズ(トルコ石)・スギライト・ラベンダージェダイト・パープルスカポライト

※各星座のおすすめの星座石に関しては後半に紹介します。

よくある質問

星座石と誕生石

ここまで誕生石と星座石の概要をお伝えしましたが、この項目ではその2つに関する「よくある質問」に回答していきます。素朴な疑問ばかりですのでチェックしてみて下さい。

誕生石と星座石の違いは何?

誕生石のイメージ

これまでお伝えしたように 誕生石は各月を象徴する宝石、星座石は各星座を象徴する宝石であり、この部分が誕生石と星座石の最も異なる点です。

日本では、言い伝えられてきたその歴史と地理的な要因から、誕生石の方が人気でよく知られていますが、実は西洋では星座石の方がより一般的です。その他の違いについてはあまり特筆すべき点はなく、世間一般では「似たもの」として扱われているのが実情です。

選ぶのならどっち?誕生石と星座石

星座石のイメージ

では誕生石と星座石のどちらを選べぶべきかということですが、結論としては「どちらを選んでも良い」ということになります。これは特別な力を持つと言われている宝石(誕生石や星座石)をどのように捉えているか、という個人の価値観や感性に合わせて良いということです。

つまり「これ」という明確なルールは存在せず、それらはあくまで一つの基準です。もし誕生石や星座石の歴史や考え方に共感するのであれば、その基準に当てはめて選ぶと素敵ですし、もしそうでなければその基準に固執する必要はないということになります。

何にも縛られることなく、宝石そのものの魅力に魅せられて選ぶことも、宝石の生成過程や歴史に興味をもって選ぶことも、石言葉で選ぶことも、全ては自分で決めて良いということです。

なぜ星座石はたくさんあって定まってないの?

星座石の写真

各星座の星座石とされている宝石は1つではなく複数あり、中には2つ以上の星座の星座石になっている宝石もあります。

これには古代の占星術から現代に至るまでの歴史が関係します。星座石と占星術は密接な関係にありますが、占星術はその発祥の地であるカルデアからヨーロッパ・インド・中国・東アジアへと広がっていきました。それが少しずつ形を変えて、例えば西洋占星術やインド占星術、東洋占星術などへと変化していきました。占星術をさらに細かく見ていくと一種の「流派」のようなものも存在します。

つまり簡単に言うと時間をかけて広い地域に広がっていく中で、少しずつ占星術は変化し、それと同時に各星座の星座石も様々なものが適時割り当てられていったということです。これは誕生石にも同様に言えることであり、時代やその背景が複数の誕生石や星座石を作り出したのです。

各月の代表的な誕生石

ではここからは各月の代表的な誕生石を紹介し、その宝石の特徴や魅力をお伝えしていきます。自分の誕生月だけではなく、それ以外もぜひチェックして、お気に入りを見つけるきっかけにしてみて下さい。

1月の代表的な誕生石「ガーネット」

1月の誕生石ガーネット

1月の誕生石はガーネットです。和名を「ざくろ石」というほど濃厚で深みのある赤色が印象的な宝石です。ガーネットは最も古いお守りと言われており、古代エジプト時代には既にお守りとして用いていたそうです。

ガーネットと言えば赤色というイメージがありますが、実はグリーン・パープル・オレンジなど様々なカラーバリエーションを持つ宝石です。余談になりますが、青色のガーネットは幻とも言われています。

2月の代表的な誕生石「アメジスト」

2月の誕生石アメジスト

2月の誕生石は吸い込まれそうな美しい紫色をしたアメジストです。和名は「紫水晶」で、その名の通り水晶の一種です。夕日が落ちた後に一瞬現れる紫に染まった空のような幻想的な色をしています。

ちなみに古代ギリシャでは、このアメジストとお酒の神バッカスとの間に伝説があり、そこから派生して「アメジストを身に着けると酒に酔わない」とも言われています。またアメジストは古来より宝飾品としても重宝されてきた歴史もあります。

3月の代表的な誕生石「アクアマリン」

3月の誕生石アクアマリン

3月の誕生石はアクアマリンです。ラテン語の「水」であるアクア、「海」を意味するマリンが名前の由来になっている通り、青く透き通る海を連想させてくれる宝石です。

実際にアクアマリンは航海をする船乗りたちのお守りとしても用いられてきました。航海の安全を願ったり、海の神ポセイドンの怒りを鎮めたりと、さまざまな言い伝えが残っています。

4月の代表的な誕生石「ダイヤモンド」

4月の誕生石ダイヤモンド

4月の誕生石は世界で最も人気のある宝石「ダイヤモンド」です。宝石の王様とも称されるこのダイヤモンドは、紀元前4世紀、つまり今から2,300年以上前には既に貴重な宝石として取引きが行われていました。

当時はインドの河川で採取されていましたが、ダイヤモンドそのものは何十億年も前にこの地球上で生成され、発見されている最も古いダイヤモンドは約45億年も前のものになります。

ブルー・グリーン・ブラックなど、多彩な色と不朽の輝きはダイヤモンドの魅力の一つです。

5月の代表的な誕生石「エメラルド」

5月の誕生石エメラルド

5月の誕生石はエメラルドです。特徴はエメラルドグリーンと呼ばれるその美しい緑色です。古代エジプトの女王で絶世の美女と呼ばれるクレオパトラが愛したことでも有名ですが、「彼女の目は美しいエメラルドグリーンだった」、「エメラルドを砕いてアイシャドウに使っていた」など様々な言い伝えが残っています。

高貴なグリーンカラーのエメラルドはダイヤモンド · ルビー · サファイア と並ぶ4大宝石の一つに数えられています。

6月の代表的な誕生石「ムーンストーン」

6月の誕生石ムーンストーン

6月の誕生石はムーンストーンです。その名の通り月に由来した名前で、その乳白色をした色月を連想させてくれます。古来の人々はこの宝石に月の力が宿ると信じていたそうです。

ムーンストーンは乳白色だけではなく、灰色、淡緑色、淡青色など様々な色があります。シラー効果と呼ばれる石の曲面の青白い光の反射が見られるのが特徴の一つです。月への敬いと幻想を感じるムーンストーンは一度は身に着けてみたい宝石の一つです。

7月の代表的な誕生石「ルビー」

7月の誕生石ルビー

7月の誕生石はルビーです。和名は「紅玉(こうぎょく)」で、これはその名の通り紅(くれない)の色、つまりその鮮やかな赤色からきています。ルビーの赤色はどんな赤よりも美しいと言われており、古来より貴重な宝石として扱われてきました。

ルビーにまつわる話は数多くありますが、身に付けると美しさを際立たせてくれる、宝石の女王とも呼ばれています。

8月の代表的な誕生石「ペリドット」

8月の誕生石ペリドット

8月の誕生石はオリーブグリーンのカラーが美しいペリドットです。普段は決して派手ではありませんが、薄明りの下では輝きを放ち人々の目を捉えます。これは別名イブニングエメラルドと呼ばれる由縁でもあります。

ペリドットにはその他にも「太陽の石」「女神の涙」という別名が世界各地にある伝説と共に語り継がれています。豪華絢爛(ごうかけんらん)な宝石ではありませんが、「身に着ける人に確かな彩りとセンスを与えてくれる」宝石です。

9月の代表的な誕生石「サファイア」

9月の誕生石サファイア

9月の誕生石はサファイアです。ブルーサファイアが最も有名ですが、サファイアはブルー以外にも本当に様々なカラーバリエーションがあり、その全てが魅力的です。

聖人の石とも呼ばれていたサファイアは、枢機卿や司教などの聖職者の指輪に用いられていたことでも知られています。また古代ペルシャの人々は、地球は天国の色が反映された巨大なサファイアの上でバランスを取りながら存在していると信じていました。時代を超えても常に特別視され、ずっと気品を保っているのがサファイアです。

10月の代表的な誕生石「オパール」

10月の誕生石オパール

10月の誕生石はオパールです。数ある宝石の中でも独特の神秘的な輝きを放ち、その光は虹のように変化します。これはオパールだけが持つ「遊色効果」で英語では「Play of Color」と言います。

オパールは古くから希望を象徴する宝石とされ、古代ローマ時代には「神の石」とも呼ばれていました。ホワイトオパール・ブラックオパール・ファイヤーオパールと種類もさまざまですが、どれも見入ってしまう程の神秘性と美しさがあります。

11月の代表的な誕生石「トパーズ」

11月の誕生石トパーズ

11月の誕生石はトパーズです。和名は「黄玉(おうぎょく)」でイエローカラーをイメージさせますが、実はさまざまな色があります。ただカラフルな色の天然のトパーズはとても貴重で、基本的には無色のものが一般的です。

トパーズはガンマ線を照射してカラーコーティングされたものも多く、人の手によって加工されて、その美しさが引き出されています。透明度が高く、淡い色をした様々なトパーズは自然と人間が力を合わせて創り上げた小さな芸術品です。

12月の代表的な誕生石「ターコイズ」

12月の誕生石トルコ石

12月の誕生石はターコイズです。和名はトルコ石といいますが、その昔トルコの宝石商人がターコイズを世界に流通していたのが由来となっています。不透明でターコイズブルーとしても認知度の高い青色や緑色をしたマット感のある見た目が特徴の一つです。

硬度は比較的低いため彫刻としても扱われてきましたが、宝石にそのまま「デザイン」という感性を加えられるターコイズの可能性は無限で、最も芸術に近い鉱物とも言えます。

各星座のおすすめの星座石

ではここからは各星座のおすすめの星座石を紹介していきます。たくさんある星座石の中でも、より魅力のある宝石をピックアップしていますのでぜひチェックしてみて下さい。

山羊座(12/22~1/19)の星座石「オニキス」

山羊座の星座石オニキス

やぎ座のおすすめの星座石はオニキスです。オニキスと言えば黒色のブラックオニキスが代表的で、漆黒の宝石として知名度・人気が非常に高いです。

男性にも人気が高く、魔除けを目的としたパワーストーンとしてもよく身に着けられます。ブラックカラーの宝石と言えばブラックダイヤやブラックスピネルも人気ですが、このオニキスの「黒」も光沢があり、力強さを感じさせてくれるおすすめの宝石の一つです。

水瓶座(1/20~2/18)のおすすめの星座石「ジルコン」

水瓶座の星座石ジルコン

みずがめ座のおすすめの宝石はジルコンです。ジルコンの高い屈折率はダイヤモンドに匹敵するほどで、実際にダイヤモンドの代わりとして用いられることも多々あります。

ジルコンは透明・イエロー・グリーン・レッド・ブルーなど豊富なカラーバリエーションがありますが、水瓶座の星座石として最もおすすめなのはブラウンジルコンです。上質なハニーのようなそのカラーは上品かつ個性的で、身に着ける人のセンスの高さを感じさせてくれます。

魚座(2/19~3/20)のおすすめの星座石「ブラッドストーン」

魚座の星座石ブラッドストーン

魚座のおすすめの星座石はブラッドストーンです。これは3月の誕生石の一つとしても知られています。その多くはグリーンをベースにして、その名の通り「血(ブラッド)」を思わせる赤い斑点を見ることが出来ます。

和名も「血石(けっせき)」で、ブラッドストーンを語るのには「血」は欠かせません。あのイエス・キリストが十字架にかけられた時に、緑の大地に滴り落ちたその血がブラッドストーンになったという言い伝えもあります。血と言うと物騒ですが、ブラッドストーンはそういった言い伝えもあり、高貴な宝石として扱われてきた歴史があります。

牡羊座(3/21~4/19)のおすすめの星座石「インカローズ」

牡羊座の星座石インカローズ

おうし座のおすすめの星座石はインカローズです。ギリシャ語で「バラ色の石」というロードクロサイトという鉱物の宝石で、特徴は産地によって色や模様が異なることです。白い縞模様が入ったアルゼンチン産や趣のある朱色のペルー産などが有名です。

発見された最古のインカローズは13世紀頃の現在のアルゼンチンです。その美しさから「ピンク色の薔薇模様を呈した真珠」と称賛されたそうで、現在では恋愛運を上げるパワーストーンとしても人気です。

牡牛座(4/20~5/20)のおすすめの星座石「コーラル」

牡牛座の星座石コーラル

おうし座のおすすめの誕生石はコーラルです。コーラルとは珊瑚(サンゴ)のことで、鉱物ではありませんが、古くから宝石として扱われてきました。海のパワーが宿ると信じられているコーラルは実に様々な色と柄があります。特に赤い色のコーラルはその力が強く、お守りとしても人気があります。

日本でも上質のコーラルは採れ、産地では独自の文化を育んできました。例えば高知県では生まれた赤ちゃんにベビーブレスレットとしてコーラルの腕飾りを送る風習があります。これは赤ちゃんの小さな腕に付けられたコーラルの色やツヤに変化があれば体調不良のサインであるということで、まだ言葉を話せない赤ちゃんにとっての代弁者になってくれることがその由来です。

双子座(5/21~6/21)のおすすめの星座石「シトリン」

双子座の星座石シトリン

双子座のおすすめ星座石はシトリンです。天然のシトリンはとても貴重な為、流通しているものの多くはアメジストを加熱処理したものになりますが、いずれも淡く美しい黄金色をしています。またその色から世界各地で冨と繁栄をもたらす宝石としても知られており、「幸運の石」や「商人の石」と呼ばれることもあります。

透明度が高くうっすらと黄金がかったシトリンは嫌味がなく、高級感と気品さのバランスの取れた魅力的な宝石です。ちなみに発色が濃く出ているものはブランデーシトリンと呼ばれ区別して扱われることもあります。

蟹座(6/22~7/22)のおすすめの星座石「パール」

蟹座の星座石「パール」

かに座のおすすめの星座石はパール(真珠)です。パールは鉱山で発掘される訳ではなく、貝の体内で作られる生体鉱物(バイオミネラル)です。海の中で作られることから「海の宝石」とも呼ばれており、繊細な美しさを感じる宝石です。

パールにも様々な色があり、それぞれの印象は大きく変わります。ホワイト系のパールは優しさや柔軟さ、シルバーのパールは鋭さと気品、ゴールドのパールは豊かさやエレガントさなどです。ムーンストーンと並び、6月の誕生石としても知られているパールを「月の涙」と言う人もいます。

獅子座(7/23~8/22)のおすすめの星座石「クリスタルクォーツ」

獅子座の星座石「クリスタル」

しし座のおすすめの星座石は「クリスタルクォーツ」です。これは透明の水晶のことで、人によってはロッククリスタルやクリアクオーツと呼ぶ人もいます。

実は水晶は長年日本を代表する宝石鉱物である国石に指定されていました。その後紆余曲折があり、2016年から翡翠にその役目をバトンタッチしましたが、今も昔も水晶は日本では特に人気のある宝石の一つです。

無色透明で溶けない氷のような水晶、白いスモークのかかったような水晶、また生成過程で古来の水がそのまま内部に残った水入り水晶などもあり、とても奥が深いのも魅力です。水晶には人を癒す力があると言われ、そのヒーリングパワーで心をクリアに戻してくれるとも言われています。

乙女座(8/23~9/22)のおすすめの誕生石「サードニクス」

乙女座の誕生石「サードニクス」

おとめ座のおすすめの誕生石はサードニクスです。8月の誕生石の一つとしても知られていますが、赤褐色と白色の艶のある縞模様が特徴的なサードニクスは彫刻、食器などを彩る宝飾品の素材として長年重宝されてきました。

サードニクスはパワーストーンとしても知られており、赤と白の縞模様から男女の関係を深めてくれるキューピットストーンとしても知られています。

天秤座(9/23~10/22)のおすすめの星座石「ラピスラズリ」

天秤座の星座石「ラピスラズリ」

てんびん座のおすすめの星座石はラピスラズリです。ラピスラズリは濃い青色(るり色)をした宝石で、和名はその色を表した「瑠璃(るり)」です。

「神に通じる石」と信じられてきたラピスラズリは、世界各地で様々な儀式や呪術にも用いられ、世界で最初のパワーストーンとも言われています。

ラピスラズリは宝石としてだけでなく絵画の世界でもその美しさの印象を残してきました。17世紀を代表するオランダの画家フェルメールが使う美しい青色は「フェルメールブルー」と称されていますが、その原料はこのラピスラズリであり、絵具としてはウルトラマリンとして広く広まっています。

蠍座(10/23~11/21)のおすすめの星座石「トルマリン」

蠍座の星座石「トルマリン」

さそり座のおすすめの星座石はトルマリンです。トルマリンは宝石の中でも最も多彩な色を持つとされ、それは人々に「トルマリンに無い色はない」と言わしめる程です。

トルマリンの和名は「電気石(でんきせき)」で、簡単に電気を帯びる性質から名付けられました。この性質により、宝石だけではなく健康を高めるアイテムとしても重宝され、さまざまな関連アイテムが販売されています。

しかしやはりトルマリンの最大の魅力はそのカラーバリエーションです。そしてそのバリエーションは単色のみに留まらず、2色を持つバイカラートルマリンや、3色を持つトリカラートルマリンなども様々で、宝石の華やかさと楽しさを感じさせてくれます。

射手座(11/22~12/21)のおすすめの星座石「スギライト」

射手座の星座石「スギライト」

射手座のおすすめの星座石はスギライトです。一般的には深みのある紫色の宝石として知られています。スギライトの和名は「杉石」と言いますが、実はこのスギライトは1944年に愛媛県の瀬戸内海に浮かぶ岩城島で日本人が発見した宝石になります。発見者2人の内の1人である「杉健一教授」の名前にちなんでスギライトと名付けられました。

このスギライトはラリマーやチャロアイトと並ぶ「世界3大ヒーリングストーン」としても有名で、その中でも特に癒しのパワーが強くパワーストーンとしても人気があります。

最後に:選び方のポイント

誕生石と星座石の選び方

今回は誕生石と星座石についてお伝えしてきました。どの宝石も個性的で美しい上に、自分の誕生月や星座との関係を考慮して選ぶのは少し「選びづらい」と思う人も少なくないかもしれません。また気に入った宝石が見つかっても、それが自分の誕生石や星座石のリストになくてガッカリした人もいるかもしれません。

しかしこれら誕生石や星座石というのは、あくまで一つの基準でしかありません。それを踏まえた上で、最後に一番適切な選び方をお伝えするならば、「宝石は自分が気に入ったものを選ぶ」ということです。

つまり無理に誕生石や星座石を合わせて、あまり惹かれない宝石を持つよりも、自分の直感や感性で魅力を感じたものを身に着ける方が良いということです。

あなたが好まない宝石を身に着けても、きっと宝石は何も与えてくれません。しかしあなたが好む宝石を身に着ければ、宝石はその特別な力で何かを与えてくれるかもしれません。

そして宝石をより魅力的にするにはストーリーが必要です。そのストーリーは宝石を選ぶあなたの「価値観」や「想い」です。ぜひ気になる宝石があれば、この機会に身に着けてみてはいかがでしょうか。新たな宝石を身に着けることは、少なくとも心を明るくしてくれるはずです。

誕生石・星座石の販売商品

オンラインストア

自分の誕生石・星座石の商品を確認してみる

このコラムの誕生石・星座石に関する天然石アイテムをご紹介しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
この記事の内容
閉じる