12月の誕生石|ターコイズ・タンザナイト・ラピスラズリ・ジルコン ・ 青の種類

12月の誕生石の種類と解説

来月は1年の締めくくり。12月になると自然と時間の経過の早さを感じる瞬間が多くなります。この1年間に特別な時間があったかどうか、その答えは人それぞれですが、少なくとも過去とこれから始まる未来に向けて思いを馳せる季節です。

今回はそんな12月の誕生石である「ターコイズ(トルコ石)・タンザナイト・ラピスラズリ・ジルコン」の4つの宝石を紹介します。どれも古くから人と宝石が交差してきた事によってできた素敵な物語を持つ宝石ですので、ぜひ最後までお読み下さい。

この記事の内容

12月の誕生石、ターコイズ

12月の誕生石の1つターコイズ

最初に紹介する12月の誕生石はターコイズです。和名をトルコ石と言いますが、その理由はその昔トルコの宝石商人がターコイズを世界中に流通させていたのが由来とされています。

ターコイズは基本的に青系の個性的な色をしていますが、その色をパレット上で再現する場合は、青に黄色もしくは緑を混ぜることで可能です。そしてその前者がターコイズブルー、後者がターコイズグリーンとなります。

自然界でそんなターコイズの色を決定づけるものはもちろん絵の具ではなく、宝石内の成分である銅と鉄です。ターコイズブルーは銅による発色であり、鉄が多くなるほど緑色を帯びていきます。

ターコイズの色は大きく分けてこの2種類になりますが、その濃淡とマトリックス(母岩)と呼ばれる点や線の模様の有無によって様々なバリエーションが出て見た目が異なってきます。透明感はありませんが、その色には吸い込まれるようなマット感のある深さがあり、その表面には艶もあります。ターコイズは個性的な宝石が多い誕生石の中でも特に独特の魅力を持つ宝石と言えます。

ターコイズ(トルコ石)の石言葉と身に着ける意味

12月の誕生石、ターコイズを身に着ける意味

12月の誕生石であるターコイズの石言葉は「成功・繁栄・安全」などが挙げられます。身に着けることで闘争心、また決断力や実行力が強くなり、石言葉にあるような成功を掴み取ることが出来るパワーストーンとしても知られています。

ターコイズ(トルコ石)の種類

ターコイズは産地によって異なる特色を強く出す宝石の一つです。ここではターコイズの一大産地であるアメリカとイランの代表的なターコイズを紹介します。

スリーピングビューティー ターコイズ

12月の誕生石、ターコイズの種類の解説

ターコイズが「宝石」として取引されているほとんどのケースはこのスリーピングビューティーターコイズになります。その名前の由来となっているのは産地であるアメリカ・アリゾナ州のスリーピングビューティー鉱山で、鉄をほとんど含まず混じりけのないターコイズブルー、そしてマトリックスがほとんど見られないことが特徴です。

ターコイズの中でも最も価値の高いと言われているのがこのスリーピングビューティーターコイズになります。ちなみにこの鉱山は遠くからの景観が、童話の眠れる森の美女に見えることから「スリーピングビューティー」と名付けられたと言われています。

キングマンターコイズ

12月の誕生石、トルコ石の種類

アメリカンターコイズの代表格として一般的に知られているのがキングマンターコイズです。発掘場所はアリゾナ州にあるアメリカ最大規模のキングマン鉱山で、青から緑がかった色合いの中にマトリックスが入っているものが多く見られます。インディアン(ネイティブアメリカン)ジュエリーにも多く用いられていますので、ターコイズの中で特にアーティスティックな一面を持っているタイプと言えます。

ペルシアンターコイズ

12月の誕生石、ターコイズの種類

かつてペルシャ(ペルシア)と呼ばれていたイラン産のターコイズがペルシアンターコイズです。鮮やかな青色が特徴で、母岩を含んでいる物が多く麩(ふ)が点在しているのが特徴の一つになります。

前述したように昔トルコの宝石商人がこのイラン産のペルシアンターコイズを広めていた為、ヨーロッパの人々はこのターコイズをトルコ産だと勘違いしました。

それが由来となり、フランスで「トルコの石」を意味する「ピエール・テュルクワーズ( pierre turquoise )」と呼ばれ、ターコイズをトルコ石と呼ぶようになりました。イランにおけるターコイズの歴史は古く、今から約6,000~7,000年前の紀元前5,000年には既に採掘されていたと言われています。

12月の誕生石、ターコイズの魅力

12月の誕生石であるターコイズの魅力について

12月の誕生石ターコイズは、産地である国、もっと正確に言うと採掘される鉱山によって異なる顔を見せてくれる鉱物の一つです。それは鉱山が持つ成分によるものですが、ターコイズブルーやターコイズグリーンという色に関してだけでなく、マトリックスの模様、そしてそのマトリックスの色も同様です。これがターコイズの奥深さであり魅力の一つです。

さらにターコイズは硬度が比較的低いという特徴から古来より彫刻としても広く用いられてきました。鉱物に「デザイン」という感性を与えることができ、その可能性を人の手によって無限に拡大させることができる「芸術」鉱物であるとも言えます。

12月の誕生石のターコイズの作品

これはアメリカにおけるインディアンジュエリー文化にも見ることができます。かつてナバホ族の装飾品だったインディアンジュエリーが大衆化された後、時代の流れと変化の中で様々なジュエリーアーティストたちの手によってターコイズはアートの領域まで進化を遂げられ、今ではターコイズをあしらった素晴らしいジュエリー作品を見ることが出来ます。

宝石としてのターコイズだけではなく、芸術的視点からそのジュエリーや装飾品を見てみるとターコイズの可能性の大きさに自然と気がつくことが出来ます。

オンラインストア
12月の誕生石、ターコイズの紹介

12月の誕生石/ターコイズのアイテム一覧

このコラムの12月の誕生石の1つ ターコイズの 天然石アイテムはこちらからご覧いただけます。

12月の誕生石、タンザナイト

12月の誕生石の1つ、タンザナイトの説明

次に紹介する2つ目の12月の誕生石はタンザナイトです。このタンザナイトというのはティファニー社によって名付けられた名称で、鉱物の正式名称はブルーゾイサイトと言います。しかし現在ではタンザナイトの名称の方が周知され、そう呼ばれることが一般的です。

タンザナイトはこの広い地球上において、アフリカのタンザニアという国でしか発掘されない希少性の高い宝石です。天然のブルーゾイサイトは1967年にタンザニアの北部でマサイの部族民が偶然発見したという説がありますが、もし本当であればそれはとても稀であり、通常はグリーンのゾイサイトなどに熱処理を施してブルーに変色させます。

タンザナイトの石言葉

12月の誕生石、タンザナイトの石言葉について

カラーストーンの中でも高い人気を博している12月の誕生石タンザナイトの石言葉は「冷静・高貴・神秘」などです。特に女性はタンザナイトを身に着けることで、女性的な魅力が増すとともに、より知性的にそしてリラックスして過ごせると言われています。

タンザニアの夜「タンザナイト」

12月の誕生石、タンザナイトの名前の由来

前述しましたが、タンザナイトという名前はあの有名なティファニー社によってつけられました。 ティファニーはブルーゾイサイトという名称ではなく、アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロを背景にしたタンザニアの夜の美しい風景からインスピレーションを得て、よりロマンティックに「タンザニアの夜」つまりタンザナイトと名付けプロモーションを行いました。

タンザナイトを見つめると確かに日没後の黄昏時に頭上に広がる夜のはじまりを「ひとつまみ」してとじ込めたような神秘性と贅沢さを感じることが出来ます。ちなみにBMWの一部車種の特別ボディカラーとして「タンザナイトブルー」と名付けられた色が採用されていますが、通常の色とは一線を画す特別な存在感と煌めきを持つ色に仕上げられています。

12月の誕生石、タンザナイトの魅力

12月の誕生石、タンザナイトの魅力について

ブルーサファイアと見間違われるほどに美しい色合いをもったタンザナイトですが、その魅力の一つに異なる環境下で異なる見え方を見せてくれることも挙げられます。簡単に説明すると、タンザナイトは見る角度によって紫からブルー、時にグレーに見えることもあったり、白熱灯の光の下ではより紫がかった色合いに見えるということです。

タンザナイトのべースとなるブルーカラーは一般的に知的・冷静・信頼・誠実といった印象を喚起させてくれる色ですが、それに神秘さとエレガントさが加わったものがタンザナイトのカラーです。

オンラインストア
12月の誕生石、タンザナイトの紹介

12月の誕生石/ タンザナイトのアイテム一覧

このコラムの12月の誕生石の1つ、タンザナイトの 天然石アイテムはこちらからご覧いただけます。

12月の誕生石、ラピスラズリ

12月の誕生石、ラピスラズリの説明

もう一つの12月の誕生石として知られているのがラピスラズリです。ラピスラズリは濃い青色をした宝石で、日本では古来より「瑠璃(るり)」として親しまれてきました。瑠璃色は奥深い青色のことを指しますが、実際のラピスラズリは淡い青のものからダークブルーまで幅広い色合いを持っています。

このラピスラズリの青色は神聖な色と形容され、エジプトではかつて黄金(ゴールド)と同等の価値を持つとさえ考えられていました。考古学の枠を超えて歴史的な大発見となったあのツタンカーメン王の棺にもラピスラズリが多数用いられていたことでも有名です。

ラピスラズリの石言葉と身に着ける意味

12月の誕生石、ラピスラズリの意味とは

12月の誕生石 ラピスラズリ、瑠璃は日本の仏教においても貴重な七種の宝(七宝)の一つであると経典に記述されています。「七」は仏教では吉を呼び寄せる数字とされており、七宝を身に着けていると災厄から守ってくれるという考えがあります。

現在でも災いを遠ざけて幸運を呼ぶ石とされ、パワーストーンとしても人気があります。ちなみにこのラピスラズリは世界で一番最初のパワーストーンだとも言われています。これはラピスラズリが世界各地で行われてきた古来の様々な儀式や呪術に用いられていたのがその理由です。「神に通じる石」、ラピスラズリはそう呼ばれることもありました。

ラピスラズリの石言葉は「成功の保証・真実・幸運」です。何か特別な力を加護を受けたい時にはラピスラズリはその役目を担ってくれるかもしれません。

ウルトラマリンとラピスラズリ

12月の誕生石、ラピスラズリは顔料にもなる

皆さんウルトラマリンという言葉を一度は聞いたことがあると思います。昔流行した男性用の香水を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、ラピスラズリと関係するのは顔料つまり絵具の色の名前であるウルトラマリンです。

ウルトラマリンは青色の一種ですが、人工顔料が出来るまではラピスラズリを原料にしており大変貴重とされていました。もともと宝石としても貴重であるラピスラズリの粉末から抽出できるウルトラマリンの量はたったの数パーセント、これは当時ゴールドよりも貴重だったとも言われています。

ヨーロッパを中心として多くの芸術家が求めたこのウルトラマリンは遠くアフガニスタンから船で運ばれてきました。勘の良い方ならばもうお気づきかと思いますが、「海を渡った青」つまりこれがウルトラマリンの名称の由来です。

オランダ画家フェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」、この絵画の中の少女が身に着けているターバンはこのウルトラマリンで彩られ、画家の名前を冠した「フェルメールブルー」と呼ばれその美しさが称されています。

12月の誕生石、ラピスラズリの魅力

12月の誕生石、ラピスラズリについてのまとめ

先程タンザナイトを「夜のはじまりをひとつまみして石にとじ込めた」と表現しましたが、このラピスラズリは深い夜の青であり、その中には金色に光る星さえ見ることが出来ます。宇宙すら感じるこの青色は気を抜くと目を奪われたまま吸い込まれそうになってしまいます。

もし人生の最後にどんな青色を見たいかという質問があれば、このラピスラズリの青色を選ぶことで心を穏やかに永遠の一部になれるかもしれません。ちょっと暗い表現になってしまいましたが、これはその色に対する最大級の称賛であり、普段からラピスラズリを身に着ければ心身に落ち着きを与えてくれ、無理なくより自然体で過ごせるはずです。

オンラインストア
12月の誕生石であるラピスラズリの紹介

12月の誕生石/ ラピスラズリのアイテム一覧

このコラムの12月の誕生石の1つ、ラピスラズリの 天然石アイテムはこちらからご覧いただけます。

12月の誕生石、ジルコン

12月の誕生石、ジルコンの説明

最後に紹介する12月の誕生石はジルコンです。ここまでターコイズ・タンザナイト・ラピスラズリと「青」についてお伝えしてきましたので最後も青色のジルコン、ブルージルコンを中心に紹介します。

ちなみにジルコンはダイヤモンドに次ぐとされる屈折率が特徴で、無色ジルコンは様々な光の反射を放つゆえにダイヤモンドの代用石としても利用されてきました。ただしジルコンには二重屈折という特徴があり、ジルコンを通して文字や線を見ると二重に見えるため、容易にダイヤモンドと見分けがつきます。

ブルージルコンの不思議と石言葉

12月の誕生石であるジルコンの産地について

12月の誕生石ブルージルコンのほとんどはアンコールワットでお馴染みのカンボジアで産出されます。通常ブルージルコンというのは褐色のジルコンを加熱処理して青色を人工的に発色させます。ジルコンそのものは他の名産地であるオーストラリアやスリランカをはじめ、その他の世界各国で産出されますが、褐色ジルコンを加熱処理して青色に変化するのはなぜかカンボジア産のジルコンのみです。

そんな不思議な 12月の誕生石、ジルコンの石言葉は「夢想・安らぎ」です。パワーストーンとしては成功へ向かう行動力や無限の可能性といった意味が信じられています。

ちなみにこのジルコンは地球上でも一番古い鉱物と言われ、2001年にオーストラリアで採取されたジルコンの結晶をアメリカ・ウィスコンシン大学の地球科学者らが解析した結果、約44億年前に生成されたものであることが判明しました。

このジルコンの結晶は、月が生まれるきっかけとなった天体衝突によってできた溶岩の海が冷えてできた地球の最初期の地殻の一部であると考えられ、地質学上の大きな発見になりました。

12月の誕生石、ジルコンの魅力

12月の誕生石、ジルコンの魅力について

地球上で最も古い約44億年前の鉱物ジルコン、地球そのものの誕生が約46億年前と言われていることを考えると、原始地球時代から現代までをその一部となりながらずっと静かに見守ってきた「記憶と記録の石」と言えます。

いつか科学がもっと進歩を遂げればより詳しいことが分かるかもしれませんが、ジルコンの背景に地球のロマンを感じることが出来るのは魅力の一つです。そしてその輝きと色は素晴らしく、ブルージルコンに関しては海の雫のようでもあります。

オンラインストア
12月の誕生石の1つ、ジルコンの素材紹介

12月の誕生石/ ジルコンのアイテム一覧

このコラムの12月の誕生石の1つジルコン 天然石アイテムはこちらからご覧いただけます。

12月の誕生石、まとめ

今回は12月の誕生石である「ターコイズ・タンザナイト・ラピスラズリ・ジルコン」の4つを紹介しました。誕生石というのはあくまで一つの枠組みですが、素敵な宝石に出会うきっかけになることもあります。

身に着けると加護を受けられる、本当に宝石にそんな特別な力があるのかは分かりませんが、お気に入りの宝石や誕生石を身に着けると「何かいいことがありそうな」気がしてしまうのはその特別な力の一部なのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

KenKenGems Logo image

この記事の内容
閉じる