ペリドット|太陽の輝きをした宝石

ペリドットの基礎知識

8月の誕生石としてよく知られるペリドット。身近な天然石なのでお持ちの方も多いのではないでしょうか。そのオリーブグリーンの輝きは時としてダイヤモンドくらい大きくきらめいて、お誕生石でなくても多くの人を魅了します。今回はそんなペリドットについての意味や効果、産地や特徴などについて解説をします。

この記事の内容

ペリドットの鉱物データ

ペリドットの鉱物データ
英名Peridot
鉱物名オリビン(かんらん石)
和名橄欖石(かんらんせき)
分類ケイ酸塩鉱物
化学式Mg[SiO4] FE2+2[SiO4]
黄緑、緑、褐緑色
モース硬度6.5-7
劈開性弱-不完全
屈折率1.64-1.69
結晶系斜方晶系
断口貝殻状
条痕白色
比重3.34
光沢ガラス状~脂肪状光沢
主な産地中国/アフガニスタン
石言葉夫婦愛・運命の絆・幸福
kenkengems.com
ペリドットのアイテムを紹介中
ペリドットなどの天然石アイテムを多数掲載しております。
国内最大級の品揃え!天然石卸 kenkengems.com 

ペリドットの基本情報

ペリドットの特徴とは

ペリドットの特徴

ペリドットとは、鉱物学的にはカンラン石(英名:オリビン=olivine)の一種です。カンラン石はマグネシウムや鉄を含むケイ酸塩鉱物のグループに属し、マグネシウムの量が多いものを苦土カンラン石といいます。その中で、特に明るく美しい緑色を持つものを宝石名でペリドットと呼びます。カンラン石自体はありふれた鉱物ですが、宝石になるくらい上質なものは稀少とされています。大きなものは非常に珍しく、より価値があると考えられています。

鉱物としてのペリドット

ペリドット、鉱物名はオリビン

カンラン石は主に火成岩に含まれます。火成岩とは地球内部の岩石が溶けてマグマとして上ってきたのちに冷えて固まったものです。こうして表面にあらわれたカンラン石の中からペリドットが見出されます。実はこうして形成されたペリドットからなるビーチがハワイにあるのです。その名をグリーンサンドビーチといい、表面にあらわれた沢山のペリドットが長い年月をかけて波に揉まれたりしながら丸みを帯びていき、やがて砂浜となりました。一面のオリーブグリーンの輝きを前にすると言葉を失うくらいの感動があります。

普段は意識しないことが多いですが、天然石とは自然の恵みであると実感しますね。そしてなんと驚くことに、地球だけでなく宇宙にもペリドットが存在しています。隕石に含まれて地球にやってくるのですが、パラサイト隕石というとご存じの方もいるかと思います。パラサイトペリドットとも呼ばれ、前述した地球起源のペリドットよりもイエローや褐色のニュアンスが強い色味をしていて、やや重いとされています。地球起源のペリドットも十分稀少ですが、パラサイトペリドットもその手に入りにくさから高い希少価値を持っています。宇宙からやってきた宝石なんて、とてもロマンがありますものね。

ペリドット、名前の由来と和名

ペリドット、名前の由来と和名の橄欖について

ペリドットという名前の由来にはいくつかの説があります。まずは13世紀中期の英単語「ペリドート(peridot)」が由来だという説です。この単語は「明るい点」や「明るいボタン」を意味しており、ペリドットの宝石としての特徴が端的に示されています。他にはアラビア語で「宝石」という意味の「faridat」に由来するという説です。いずれの由来にも、ペリドットの宝石としての価値や魅力が表現されており、古来より人々に美しい宝石であると認識されてきた歴史が分かります。

和名は橄欖石(カンラン石)と書きます。この橄欖とは英名のオリビン(olivine)からきているというのが通説です。オリビン(olivine)とはオリーブの実のことで、そのオリーブグリーンの色味から名付けられました。では橄欖とはすなわちオリーブのことかというと実は違います。橄欖とはアジアで採れるオリーブにとても良く似た果実のことです。橄欖とオリーブが混同されていた歴史があるようですが、何にせよ、橄欖石という和名はオリーブにちなんでいるということが分かります。こういった経緯を紐解いていくと、宝石名の由来一つにしても非常に興味深いエピソードを持つ天然石です。

ペリドットの主な産地

ペリドットの主要産地は中国、アフガニスタン等です。特に中国では、1970年代に高彩度の美しいペリドットが産出されて以来、世界市場に台頭していきました。中国産のペリドットはより繊細で自然な風合いが特徴で、世界的にも高く評価されています。この採掘地は比較的最近に発見されたと思うと、世界にはまだ出会っていない宝石たちがいるのだなと、憧れにも似た気持ちが湧いてきます。

ペリドットの歴史と伝説

「太陽の石」

ペリドットの由来、太陽の石

古代エジプトの時代、紅海に浮かぶ島、セントジョンズ島で現地のエジプト人によって発見されたことがペリドットの起源だと言われています。そのまばゆいばかりの輝きから「太陽の石」と呼ばれ、古代の闇夜を照らしていました。これはペリドットの結晶の屈折率の高さゆえ、現代のように複雑なカットをほどこさずとも太陽のように輝いて見えたということを物語っています。さらにその暗闇をさんさんと照らす様から、魔除けの効果があるとしてお守りとして見なされていました。

また、古代エジプトでは太陽神を崇拝していたことからも、ペリドットに太陽の名を冠して高い価値を見出していたことが分かります。古代エジプトの王侯貴族はその豪華絢爛な衣装と装飾品で知られていますが、中でもクレオパトラの宝石好きは有名です。特にエメラルドに目がなかったと言われていますが、そのクレオパトラの豪華なエメラルドコレクションの中に、ペリドットが混ざっていたのではと言われています。科学的な鑑定ができなかったため、その外見と輝きからエメラルドと混同されていました。宝石が混同されるエピソードは天然石ではよくありますが、このお話もとてもロマンがありますね。

一説によるとクレオパトラはエメラルドを砕いてパウダー状にして、アイシャドウにもしていたと言われています。もしここにもペリドットが使われていたことがあったらと思うととても面白いですよね。またペリドットはなかなか大きな原石で産出されることがないため、王女のコレクションになるくらい大きなペリドットだったと思うとやはり稀少価値の高い石だということが分かります。

中世でのペリドット

ペリドットと貴族、宝石としての価値

中世ローマ時代にはローマ帝国内でもペリドットの輝きが愛されました。貴族たちはこぞって身につけ、皇帝は神殿に奉納するように言いつけました。これには、古代からペリドットがその輝きから太陽と強い結びつきのある宝石と信じられており、強力な護符としての役割も持っていたことにも理由があります。またペリドットは聖書の黙示録にも「聖都エルサレムの城壁の土台を飾った12宝石の1つ」と記載されていたことから、ペリドットを神秘的な力を持つ宝石だと信じられていました。ここでもペリドットは破邪の意味合いを持っていたと考えられています。

ペリドットを持って説教をすると奇跡が起こると信じられていたそうです。ネガティブなものを退け、奇跡をもたらすという考え方です。中世においても、ペリドットとエメラルドは混同されていました。ドイツのケルン大聖堂にある三聖王の神殿を飾る200カラットのエメラルドは、実はペリドットだったといくことが後世になって正式な鑑定で判明しました。エメラルドではなかったけれども、ペリドットもとても素晴らしい輝きを持つ宝石であり、何よりも大きな原石が出にくいペリドットで、200カラットという巨大さは目をみはるものがあります。

「ペレの涙」

ペリドットとハワイの火山、ペレの涙

ペリドットはハワイでは「ペレの涙」という別名で呼ばれています。このペレというのは女神の名前で、火を司ります。ハワイでは絶え間なくあがる噴煙や時として起こる噴火は神の業だと考えられ、「溶岩」や「火山」を意味するハワイ語「ペレ」がそのまま神の名前となりました。そんな女神ペレはとても美しく情熱的で嫉妬深かったそうです。しばしばその嫉妬心は激しいまでに昂ぶり、その際に噴き出した彼女の感情がマグマとなって地表に流れ出てペリドットが現れたと言われています。きらめくその輝きから涙と形容されたようです。

前述したグリーンサンドビーチは女神ペレが沢山の涙を流したあとなのでしょうね。古代や中世でペリドットは魔除けやお守りとされてきましたが、ここハワイでもペリドットは邪気を焼きつくし、魔除けのパワーがあると言われています。ハワイの住民たちは、火山活動は神のなす業として畏怖して崇めていました。そのため、女神のおそろしくも偉大な力から産出されたペリドットには、退魔や魔除けという自分たちを守ってくれる強い力があると信じて大切にしてきたのです。

「イブニングエメラルド」「夜のエメラルド」

ペリドットはほの暗い夜の照明の下でも驚くほど高い輝きを発することから、イブニングエメラルドや夜のエメラルドという別名を持ちます。イブニング(夕べや晩)にはエメラルドを上回る美しさを見せるという意味です。この別名で呼び始めたのは古代ローマ人と言われており、その当時ロウソクの灯りだけで非常に輝くペリドットを目の当たりにしたローマ人の胸中がよく分かります。きっととても感動したことでしょう。


この現象はペリドットの結晶が持つ、複屈折という特徴のためです。複屈折とは、宝石でいうと、宝石に入り込んだ光が1筋の光として出ていくのではなく、2重の光となって出ていくことです。この性質を持つ物質を通してみると向こう側が2重に見えますが、ペリドットの場合でも反対側の宝石のラインが2重に見えます。ちなみにエメラルドも複屈折の石ですが、ペリドットほど顕著にはあらわれません。

kenkengems.com
ペリドットのアイテムを紹介中
ペリドットなどの天然石アイテムを多数掲載しております。
国内最大級の品揃え!天然石卸 kenkengems.com 

ペリドットの石言葉と意味

ペリドットの意味と石言葉

ペリドットの石言葉としては、夫婦の愛、幸福、和合、希望などがあります。もともとグリーンの色味というのは見ているだけで気分を落ち着かせたり癒やしてくれる効果があると言われています。ペリドットの落ち着きを帯びたオリーブグリーンの色味も例外でなく、そのカラーから連想されて、和合や希望といったニュアンスが出てきました。

また、ペリドットは古来より魔除けやお守りとして使われてきました。邪なものを跳ね除け、太陽のような明るい輝きをもたらすというイメージから、持つ人の心を平静へと導き色欲をなだめて、衝動や発作を抑える力があります。これがペリドットの石言葉の中でも有名な「夫婦愛」の由来です。浮気防止という意味だけでなく、邪な感情を抑えてそれ以上に関係が上手くいくように、前向きに勇気と希望が湧いてくる手助けをしてくれます。夫婦円満のお守りとして一つはそばに置いておきたい天然石ですね。

ペリドットは8月の誕生石

ペリドットは8月の誕生石

ここまでいろいろな面からペリドットを見てきましたが、やはりなんと言ってもペリドットは8月の誕生石としての知名度が一番高いのではないでしょうか。魔除けとお守りの意味を第一に持つので、毎日身につけて過ごすのもおすすめです。お守りとしてプレゼントするのも素敵ですね。

現代では夜中まであらゆる光で明るいので、実際に暗闇を照らす様子は古代の人々ほどの感動を与えないかもしれません。でも太陽の石やイブニングエメラルドの別名とその歴史を添えて贈れば、ロマンティックな効果がいっそう期待できますね。ペリドットは、小さなものは比較的たくさん流通しており安価なものが多いため手に入りやすい点もポイントです。

ペリドットのパワーストーンとしての効果と浄化方法

よく知られる効果

ペリドットの効果と浄化方法

これまで紹介してきたペリドットの持つ力である魔除けやお守りのニュアンスから発展した効果を持ちます。太陽のような輝きから、ペリドットの持つエネルギーは非常にあたたかいものとされています。このプラスのエネルギーは、自分の中の嫉妬や後悔や罪悪感といった負の感情を癒やしてくれます。また、自分だけでなく、他人に対しても嫉妬やネガティブな感情を抱くことを抑制して気持ちをなだめてくれます。こうした、自分と相手に対するマイナスな感情を洗い流してくれる効果が夫婦円満につながる由来だとも考えられています。

また、ペリドットを持つ人の内面と外面の豊かさを引き上げてくれるという効果もあります。内面と外面とは人間の持つ第3・第4チャクラに関係しています。第3チャクラはリアリティ、現実社会を楽しむ社会性のエネルギーと考えられ、ここでは外面となります。第4チャクラは心や愛のエネルギーとされて、こちらが内面です。この2つに働きかけることで、内面と外面の豊かさ、インサイド・アウトサイドウェルネスを体現する効果となります。これは、他人との人間関係を円滑に循環させていくために障害となるものを排除していき、より完璧な状態での循環へと導く効果ともいえます。さらに単純な人間関係の循環改善だけでなく、自らの感じ方をとてもポジティブで愛に満ちたものに変えていく力も持ちます。

現代ではとても繊細な性質の人が増えているとよく聞きます。それは極端に自己犠牲的な生き方だったり、自分なんかがといった行き過ぎたネガティブな謙虚さを持つことが多いタイプとされています。ペリドットはそういった負の感情に対して、もう少しだけでも前向きに、自分には価値があり、世界は愛にあふれていると教えてくれます。そうして内面的に向上することで、現実的には前向きに仕事に取り組めたり良好な人間関係を築くことができます。内面が向上すると外面にも変化が現れて、周りも好影響を受けながらポジティブにその循環が拡がってゆきます。このように、ペリドットには内面と外面のバランスを取ることをサポートしてくれます。内面と外面のどちらにも働きかけてくれるので、なにか心配事があって、それが内面と外面のどちらに原因があるのか分からない時でもひとまず力を借りてみましょう。

ペリドットの浄化方法

ペリドットは鉱物として硬い部類に入り、丈夫なので、浄化方法は基本的にどれでも問題ありません。その中でも特におすすめの浄化方法は水と太陽です。

どちらか一方でももちろん構いませんが、水のあとに太陽の流れで浄化するとより良いとされています。太陽のようなあたたかいエネルギーをもらって日々の課題を乗り越えたときなどには浄化をしてあげましょう。

オンラインストア
ペリドッドの素材一覧

ペリドットのアイテム一覧

このコラムで紹介しているペリドットの天然石アイテムはこちらからご覧いただけます。

表示するURL:https://www.kenkengems.com/?mode=cate&cbid=27053&csid=0

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

KenKenGems Logo image
KenKenGems Logo image

この記事の内容
閉じる