アメトリン-アメジストとシトリン、2つの顔を持つ黄昏色の天然石

この記事の内容

紫と黄色が奏でる、繊細な輝きのハーモニー

思わず口に出して読みたくなるような、不思議な語感を持つ天然石、アメトリン。南アメリカはボリビアのみでしか採掘できない希少な石で、スペイン語では「ボリビア女性」を意味する「ボリビアニータ」という名前も。
一つの結晶の中にアメジストとシトリンが生成することでバイカラーになる、と言われています。では、具体的にはどのような作用によって、アメジストとシトリンがアメトリンへと生成していくのでしょうか。

結晶の中で一体何が? アメトリンがバイカラーになる、その理由について

そもそも現在のシトリンのほとんどは、アメジストが変色したもの。
現在では天然のシトリンは非常に稀で、ほとんどがこの加熱アメジストが流通しているとのことです。

そして、アメトリンがバイカラーになる過程についても、これに似た作用があることがわかっています。一つの結晶の中に存在していたものが、自然界で受けた放射線量の違いによって二つに色が分かれます。

シトリンに変色した部分がそのままアメジストとして残り、それが今回の主役、「アメトリン」として存在するわけです。自然の中でまったく偶発的に、放射線量の違いによってバイカラーに変化した天然石、それがアメトリン。
アメジストとシトリン、二つの顔を併せ持った、マルチな魅力あふれる天然石なのです。

光と影を併せ持つアメトリン。その石の意味とは

アメトリン、読み解くほどに興味をそそられる石言葉。

二つの顔を持つアメトリンの石ことばには、「調和」「安定」などの他に、「光と影」というものがあります。
アメジストとシトリンが一つの結晶の中に存在している状態なわけですから、「調和」「安定」というのもうなずけます。

その一方で、「光と影」という相反する石ことばがあるというのも、非常に興味深いですね。つまり、物事や自分の内面における「光と影」のバランス(調和)をうまく取ることにより、「安定」が生まれるのでしょうか。

石ことばをキーワードとして読み解いていけばいくほどに興味をそそられるのが、天然石のおもしろいところ。アメジストとシトリンのどちらが光なのか、影なのか…といったシンプルな疑問について、思いを巡らせてみるのも楽しそうです。もちろん、お気に入りのアメトリンを手元に眺めながら。

神秘的なバイカラーの石「アメトリン」は、効果も2倍?

アメトリンには、才能を開花させる力があるとも言われています。

また、アメジストとシトリン双方の力を持ち合わせていることから、その両方の力を兼ね備えているとも。アメジストの「癒し」の効果と、シトリンの「目標達成」に向けたパワー。その両方を兼ね備えたアメトリンをお守りがわりに身に着けていれば、自分の中に眠っている才能を発揮するきっかけを与えてくれるかもしれませんね。

作家さんや職人さんたちの創作意欲を搔き立てる、選りすぐりのアメトリンたち

バイカラーの魅力が一段と引き立つファセットカット

こちらの宝石質アメトリンは、石留めにおすすめの穴なしオーバル~ラウンドファセットカット。

アメトリンのバイカラーの魅力が一段と引き立つ、一粒ペンダントトップやリング、ピアスやイヤリングとして身に着けたい…!
眺めているとそんな気持ちがふつふつと沸き起こってくる、まさに珠玉の逸品たちです。

そして、宝石質アメトリンの彫刻入りカボション。そのままずっと眺めていたい美しさの、バイカラーのきらめき。

彫刻のディテールを活かした、アンティークなイメージのアクセサリーに似合いそうな宝石質アメトリンの彫刻入りカボション。あえてシンプルに、モダンに洗練されたデザインに取り入れてみるのも素敵ですね。

そのまま身に着けられる、アメトリンの天然石ブレスレット

加工なしでも、そのままさっとコーディネートに取り入れられるアメトリンの天然石ブレスレット。

お守りがわりに身に着けやすいのが、天然石ブレスレットの良いところ。夏にはブレスレットやバングルと重ね付けしたり、リングと合わせたコーディネートも楽しめそう。

身に着けた際に自分と相性がどうかを見極める、いわば試金石的な感覚で一度手に取ってみるのも良いですね。

お手軽ハンドメイドには、ペンダントトップがおすすめ

そして、チェーンやコードに通して身に着けられるペンダントトップ。
あらかじめペンダントトップとして加工されているパーツなら、ハンドメイド初心者さんにも挑戦しやすいですね。

18KGPのペンダントトップは、アメトリンのバイカラーがキラキラと華やかに映えるファセットカット。アメトリンの魅力がゴージャスに際立つ、ドレスアップスタイルのジュエリーにもぴったりな逸品です。

SILVER925製の台座は、クールでナチュラルなテイストのハンドメイドジュエリーに。18Kよりもカジュアルに取り入れやすい印象のため、夏ファッションのアクセントにもおすすめです。

素肌に馴染みやすいシトリンの黄色と、きれいなデコルテを演出してくれそうなアメジストの紫色。そんな繊細なバイカラーのハーモニーが楽しめるのは、まさにアメトリンならでは。
軽めの服装が増える夏には素肌に合わせて、秋冬にはタートルネックやブラウスの上から身に着けても素敵ですね。

お好みの長さで作る、アメトリンビーズのネックレス

一粒ずつのそれぞれが異なる個性を放つ、アメトリンのビーズ。
そんなアメトリンのビーズをぜいたくにつなぎ合わせて、好みの長さでネックレスに仕立ててみては。

128面のラウンドカットは、少しの動きでもキラキラと輝くのが特長です。
子供の頃に買ってもらった、ビーズの手作り宝石箱キットを彷彿とさせるようなカット。あの頃のワクワクするような気持ちを込めて、宝石質アメトリンの輝きをネックレスとして形にしてみるのも良いですね。

シンプルなラウンドタイプの天然石ビーズは、アメトリンのピュアな輝きが思う存分堪能できそう。
天然石ビーズは、アイデア次第でネックレス以外にも幅広いハンドメイドジュエリーに活用が可能です。

アメトリンだけでなく、他の天然石を組み合わせたマルチな配色のハンドメイドジュエリーにも。バイカラーの性質を活かして、アメジストやシトリンのビーズをそれぞれ組み合わせたデザインも素敵です。

一粒ずつにバイカラー配色の個性があるため、色合いを絶妙に活かしたグラデーション配色にも。世界にたったひとつだけのハンドメイドジュエリー作りを、余すところなく楽しめそうです。

まとめ

読み解くほどに、その魅力に強く惹きつけられる天然石、アメトリン。神秘的な見た目もさることながら、二つの石の持つ力を兼ね備えたハイブリッドな存在感も魅力です。

そして、アメジストを誕生石に持つ2月生まれさんや、シトリンの11月生まれさんにもぜひおすすめしておきたいと思います。お友達や恋人、ご夫婦同士がもし偶然にも、2月生まれと11月生まれだったなら…。

アメトリンのジュエリーをお互いに贈り合い身に着けることで、きっと最高の思い出に残る素敵なひと品になるはず。アメジストとシトリンに興味がある方はもちろん、今まであまり興味がなかったという方もぜひ一度、手に取ってみてくださいね。

英名Ametrine
和名紫黄水晶(しおうすいしょう)
分類
化学式SiO2
黄と紫のバイカラー
モース硬度7
劈開性なし
屈折率1.544~1.553
分散0.013
比重2.66
誕生石2月
石言葉調和

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアいただけると嬉しいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
この記事の内容
閉じる